忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
となりの柏木さん 霜月絹鯊 芳文社 既刊1巻



オタクな高校生、桜庭雄斗は、クラスで隣の席に座る柏木琴子に対して、ほのかな恋心を抱いている。しかし、噂によれば、彼女は大のオタク嫌いだそう。雄斗は、3次元の世界に若干の関心を持ちつつも、SNSで見つけた絵師、sayaneのイラストに夢中になる日々を送る。ところが、アルバイト先のアニメ・漫画専門店で憧れの柏木さんを目撃してしまい… オタクであることを隠さない少年と、オタクであることをひた隠しにする少女による、不器用ながらも微笑ましいラブコメ。

雄斗が、人生で唯一関心を持った3次元の女性が、柏木さんだ。一方、柏木さんが初めて出会った、本気で自分の趣味について語れる相手が、雄斗だった。2人は、自分達の趣味の領域について話すときは、驚くほど饒舌で、いつまでも話が続きそうな様子だ。しかし、自分達自身のことについて、伝えたり聞き出そうとしたりすることとなると、突然ぎこちなくなってしまう。

そんな2人に対して読者が感じるもどかしさは、絵師、sayaneのエピソードによって、さらに強くなる。実は、雄斗が好きなsayaneは、柏木さんと同一人物だった。ひょんなことから、雄斗が自分の絵を当初から応援してくれていると知った柏木さんは創作意欲を高めるが、雄斗に自分の正体を話すタイミングを逃し続ける。雄斗の応援もあり、sayaneはどんどん有名になり、ファンを獲得していく一方で、雄斗はsayaneが自分から離れていくような気になって、寂しさを覚える。

実は、2人は、2次元と3次元の両方で確実に絆を深めているのに、どこか2人の想いは行き違い、読者は歯痒い想いをしてしまう。携帯電話が普及して以来、待ち合わせ場所で会えないといったすれ違いは物語になりにくくなった。そんな現代でも、現代なりの新しいすれ違いを描くことは可能なのだなと気付かされた。

タイトルの通り、彼女は、そして彼は、すぐ隣にいる。だけど、うまく伝えられないことはある。心理的な距離をなかなか縮められないこともある。微笑ましく、それでいて切なさも感じられる作品だ。
PR
S線上のテナ 岬下部せすな 芳文社 既刊8巻



フランスへと向かった、恭介・テナ・アルン・メゾ・ソプラ。うまく逃げ切ったかと思いきや、調律師の本部によって囚われの身となってしまう。調律師本部の対立構造、恭介の過去など、物語の鍵となる重要な事実が明らかになる。

これまであまりよくわからなかった調律師本部の状況が明らかになったり、そもそも恭介がなぜ特殊な譜面を持った存在なのかがわかったりと、物語の核心に迫る謎が解明されていく。更に、調律師デュオン、ソプラの兄のカンター、メゾの姉のベルリラなど、新キャラも登場。牢に入れられ、絶体絶命のピンチを迎えた恭介達が、一命を取り留めることになる過程は、手に汗握るどんでん返しの展開。

自らの生い立ちの謎を知った恭介は、ショックを受けるも、恭介らしく立ち直る。自らの祖母である胡弓のところへ自分から出向いたり、自らと同じ資質を持って生まれながらも、片や調律師本部に幽閉されているオスティナートのことを心配したりと、本当に思いやりに満ちた人物。過去の回想で登場した、恭介の父キタラ、母コルダ、祖父ロック、祖母胡弓の面々がとても素敵な人達だからこそ、現在の恭介があるのだなと思わず納得。

一方、恭介の力になりたいと願うテナとアルンの恋のバトルは加熱。自分の感情を素直に伝えることが苦手なテナ。調律師の仕事以外では案外天然なアルン。2人とも応援したくなるような可愛らしさがある。2人が、恭介への感情が恋だと気付いてからは、少女漫画のようなセンチメンタルなシーンも登場。特に、テナが恭介へに対する気持ちに気付く場面は、フランスの美しい風景と相俟って、盛り上がるシーン。それでいて、2人が空回りする滑稽なシーンもあり、恋愛要素をやたらと引っ張りすぎず、爽やかにまとめているのがポイント。少女漫画に少々のギャグ漫画がうまく溶け込んでいるところが、本作の巧さ。それは、各話の合間やカバー下のおまけ漫画にも表れている。

解決を見せたように思えた、調律師内部の対立は、まだまだ完全に調停されたわけではなかった。密かに動き出す、反革命派の動きは、今後の世界にどのような影響をもたらすのか。何かを知っているかのようなデュオンにも注目。


♪過去の記事♪
『S線上のテナ(1)(2)(3)』
S線上のテナ 岬下部せすな 芳文社 既刊6巻




響恭介は、苦学の末音大を卒業し、自宅でピアノ教室を開きつつ、作曲をして暮らしていた。しかし、交通事故に遭って意識を失い、目を覚ました時には、身の回りのものすべてに譜面が見えるようになっていた。退院し、外を歩いていた時、命の調律師テナに出会う。命の調律師とは、世の中にある乱れた音を調律して、悪質な音符を回収することだという。テナは、恭介自身に寄生した悪質な音符に導かれて来たのだった。しかし、話している途中、恭介が自分よりも先に悪質な音符の存在に気付いたことから、恭介の音符を回収せず、むしろ音符回収を手伝わせようと考える。そうして、テナと恭介の共同生活が始まるのだった。

最初は恭介をただの家来としか思っていなかったテナだが、徐々に恭介への想いが強くなっていく。しかし、強がりなため、なかなか素直になれない。
恭介は、貧乏で決して一流の作曲家とは言えないが、音楽で人を楽しませたいという信念を持ち、勉強熱心でもある。ピアノ教室の生徒からの信頼も厚い。そんな恭介の周囲にいる人々は、徐々に彼から影響を受けていく。テナはもちろんのこと、後に出会うエリート調律師アルンも同様である。

一方、物語は徐々に核心に迫っていく。調律師に課せられた本当の目的とは?恭介に寄生した音符の意味とは?少しずつ、だが確実に、恭介達の周りで事は進行している。今後の展開はどのようになっていくのだろうか。
御伽楼館 天乃咲哉 芳文社 全2巻

  


今回は、新しい作品を。
このブログにもリンクのある、天乃咲哉さんのものです。

双子の姉妹、エルナとディアナの経営する人形店は、とても不思議なお店。少女に限りお代はもらわず、その代わりにお客の大切なものと引き換えに、人形を貸し出す。
人形を手にしたお客、またはその周囲に携わる人々は、夢とも現とも言い難い不思議な体験をし、心に抱えていた悩みや不安、忘れかけていた大切な記憶と向き合っていく。


オムニバス形式の本作は、どの話も心温まるものである。それぞれの話の主人公達は、人形をきっかけに、周囲の人々との触れ合いで大切なものを得ていく。その過程が、読者の感動を誘う。2巻の最後では、今までの登場人物がお互いに少しずつ関係し合いながら、物語が構成される。人と人との繋がりということを感じさせる締めくくりであった。相変わらず、天乃さんの絵はきれいで、それだけでも読む価値がある。
コミックエールの休刊とともに連載を終了してしまった作品であり、もう少し読みたかったというのが本音である。
│HOME│  Next ≫

[1] [2]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]