忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さてさて、今年も残すところあとわずか。表題の企画に合わせ、年間ランキングを発表することに致します。
評価するということは非常に難しいことです。私なりに是非薦めたいと思う作品をまとめました。また、今年は完結した作品の特集を次点のところでやろうと思います。

では、前置きはこれくらいにして、ランキングの発表に参りたいと思います。

★第5位★
『となりの柏木さん』霜月絹鯊
 

2010年に第1巻・2巻が発売。
オタクな男子高校生と、隠れオタクの女子高校生によるラブコメ作品。自分の好きなことについて熱く語り合える一方、不器用にすれ違う2人の切なさもあって、注目しています。
『となりの柏木さん(1)』
『となりの柏木さん(2)』


★第4位★
『リューシカ・リューシカ』安倍吉俊

2010年に第1巻が発売。
幼い子どもの言動は、深読みすると哲学的な雰囲気を帯びてくる。リューシカの世界の見方、感じ方を手掛かりに、忘れていた幼き日々の不思議な思い出を蘇らせてくれる作品。ちなみに全編カラー。
『リューシカ・リューシカ(1)』


★第3位★
『魔法行商人ロマ』倉薗紀彦
 

2010年に第2巻・3巻が発売。
謎の少女ロマは、願いを叶える不思議な魔法具を貸してくれる。対価はお金ではなく、人間の欲望(クレシャ)。ロマに魔法具を渡された中高生達が繰り広げる、ちょっとダークな物語。
『魔法行商人ロマ(2)』
『魔法行商人ロマ(3)』


★第2位★
『ラズ・メリディアン』結賀さとる

2010年に第6巻が発売され、完結。
現実・異世界・伝説の世界の3世界並行で進んでいくという設定が基本。三角関係に揺れる主人公という部分は押さえつつ、繊細で多感な高校2年生という時代を描いた、優しいファンタジー作品。
『ラズ・メリディアン』


★第1位★
『しゅごキャラ!』PEACH-PIT

2010年に第11巻・12巻が発売され、完結。
周囲から思われている自分の姿と、本当の自分のギャップに悩む少女が、守護霊ならぬしゅごキャラと出会う。勇気をもらえるシーン、笑えるシーン、共感できるシーンと、色々なものが詰まった作品。
『しゅごキャラ!』



以上が、年間ランキングです。思いっきり独自路線を突き進んでいますが、このランキングが、新たな漫画との出会いに繋がれば、光栄です。
続いて、次点作品を載せておきます。今年は、完結作品の中で是非という作品に絞ってまとめてみました。いずれも、2010年に最終巻が発売されています。


◇次点◇

・『E'S』結賀さとる(全16巻)

国家が事実上機能しなくなった近未来世界で権力を手にしたのは企業だった。荒廃した人口都市ガルトで繰り広げられる物語。
『E'S』

・『S線上のテナ』岬下部せすな(全9巻)

世界中のあらゆるものに存在する譜面を調律する調律師の物語。最後まで作品の世界観と主人公の性格が活きた良作。
『S線上のテナ(7)(8)(9)』


・『コインランドリーの女』清原紘(全1巻)


いわゆる不条理系。非常に綺麗な絵で描かれた、しょうもない人々によるシュールなギャグ漫画。
『コインランドリーの女』
PR
「このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版2010」の結果が公表されました。総勢43人による投票の末、2009年に最新巻を出した165タイトルがランクインしました。今後の作品選びの参考に、役立てばと思います。

43人のブロガー・サイト管理人が選んだ 『このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版2010』
「このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版2010」へのお誘いを受け、当ブログ管理人評価による、年間ベスト5を発表します。
参加資格、及びランキング該当作品の基準は、こちらを参照のこと。まだまだ間に合いますよ。
なお、ランクインさせたいながらも、私が最新刊まで到達していないという理由から、ランキングから除外する作品もあります。そちらについては、次点としてまとめました。次点作品の紹介は、当ブログの各作品紹介をご覧ください。


★年間ランキング★

○1位 『さよなら絶望先生』久米田康治/『週刊少年マガジン』連載
2009年には、第16・17・18・19集が発売された。
もう様々なところで評価されていて、何を今更と思うだろうが、今年発売された4冊の単行本に対して評価を下すという意味で、1位にしたい作品。とにかく、勢いが衰えない。各話の流れはもはや定着したと言っても良く、特別新しい展開が始まったとは言えない。それでも、ネタの危険さやブラックさは、ますますアップしたように思え、鋭さは相変わらず。これは評価したい。

●2位『神のみぞ知るセカイ』若木民喜/『週刊少年サンデー』連載
2009年には、第3・4・5・6巻が発売された。
ギャルゲの天才少年が、ギャルゲ理論を用い、現実の女の子攻略に挑むストーリー。連載当初は、ストーリーの形式上マンネリ化が心配と噂されていたが、そのような不安を払拭すべく、様々な試みに挑戦した作品。現在は、「連載が続くから、新しいことができる」→「新しいことができるから、飽きが来なくて連載が続く」という好循環に入っているような気がする。

○3位『ローゼンメイデン』PEACH-PIT/『週刊ヤングジャンプ』連載(月1回)
2009年には第2巻が発売された。
こちらも、既に様々なところで評価された作品。一度中途半端に終わってしまったものの、掲載誌を移しての連載再開。世界観の紹介に重点が置かれた第1巻とはがらっと変わり、物語が核心に向け動き出したのが、第2巻。相変わらず、作画、ストーリーともに良い。2009年に単行本が1冊しか出ていないのが残念。

●4位『御伽楼館』天乃咲哉/『コミックエール!』連載
2009年には、第2巻が発売され、これをもって完結。
『コミックエール!』の創刊とともに連載が開始され、休刊とともに連載が終了した作品。双子の姉妹が営む人形店は、少女に限り、大切なものと交換に人形を貸し出す。貸し出された人形が引き金となり、物語が始まる。時に人間の暗部を映し出す物語も、全体としては心温まるもの。連載終了が残念。今回を逃すと評価の機会がないので、第4位に。

○5位『幻影少年』万乗大智/『クラブサンデー』連載
2009年に第1巻が発売された。
今年は、オンラインの『クラブサンデー』から、多くの作品が単行本になって出版された年である。その中で特に注目なのが、本作。心理学的な要素を盛り込んだ少年漫画という立ち位置が魅力。この先、主人公の人間的な葛藤が描かれると、さらに面白くなっていきそうである。

■次点①『S線上のテナ』岬下部せすな/『まんがタイムきららフォワード』連載
□次点②『勤しめ!仁岡先生』尾高純一/『月刊少年ガンガン』連載

改めて見直してみると、色々な雰囲気の作品が入り混じった年間ランキングになったように思います。
ただし、比較的1話完結に近い作品が多い傾向が見られると、後で気付く始末… 長い作品を、じっくりと腰を据えて読むのは大変なものです。
来年も、様々な作品に出会えたらと思っています。
意識しているわけではないのですが、気付いたらスクウェア・エニックスの漫画が多くなっていたように思います。そこで、1つ。

たかひろ的研究館

スクウェア・エニックスや、旧エニックスの漫画について取り扱うサイト。この会社の漫画の特異性など、研究的な要素を持っているのが特徴。もちろんのこと、各作品についても、詳しい解説があります。さらに、リンク先のブログまで含めると、相当な情報量になります。週2回の更新。
以前発見したサイト。

おすすめマンガ時評「此れ読まずにナニを読む?]


NTT出版のHP内にある、れっきとした漫画評論家、漫画エッセイストによる漫画評論。
扱っている本が幅広く、少年漫画から青年、少女漫画まで、いろいろと登場する。比較的、評価の定まった有名作品が多い傾向かも。

これが、熟練の為す業ですか… 書き方を見ていると、「なるほど、こういう見方があったか」「こんな書き方があるのか」と、参考になる。特に、人間関係についてなど。各作品、それなりの量書かれています。
最近知ったレヴューサイトを2件紹介。


黒きオーラの戯言
本ブログにたびたびコメントをくださる黒木オーラさんのブログ。結構長文で詳しく書いてあります。特にシリウスに重点を置いている模様。


マンガ一巻読破
2005年以降に発売された漫画の第1巻のみを扱っていくもの。発売した本のすべてを網羅しようという恐るべきサイト。

今後も、見つけ次第、少しずつお知らせする予定です。

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]