忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
1月のプリュヴィオーズ 星屑七号 集英社 全2巻



月の石は、手に入れた者の「正義」を大きな力へと変換する力を与える。クラスメイトをいじめから守ろうとし、逆にクラスから孤立せざるを得なくなった守田冴子は、その石を手にしたという少女、プリュヴィオーズに出会う。そして、2人の周囲にはやがて月の石を手にした少年少女が集い、それぞれが信じる「正義」を貫こうと、戦いが始まる。

東西連戦の終結、イラク戦争といった出来事は、戦争を単純な「正義vs悪」という構図で捉えることに対する疑問を呈してきたとは、よく言われることである。本作が訴えかけるテーマも、まさに「正義」とは何か、「正義」の反対に当たるのは何かといった、現代の社会を語る上で外せないテーマである。

本作では、様々な「正義」がぶつかり合う。いじめを行う集団を粛清しようとする正義、嘘をつく心の汚い大人に罰を与える正義、「正義のヒーロー」として戦うことに価値を見出す正義、力でもって相手を押さえつけることに反対する正義… 作中の登場人物である少年少女が主張するこれらの正義は、一見すると正当性を持った正義にも思えるが、一方で矛盾も抱えている。いじめは許せない卑劣な行為だが、それに関わった人間に復讐することは正しいのか。「心の汚い大人」の基準は誰がどう設定すべきなのか。「正義のヒーロー」の資格とは何なのか。相手が暴力で戦いを挑んできたとき、果たして非暴力で抵抗し、仲間を傷つけるのは正しいのか。「正義」のあり方は、答えの見つからない問いなのだ。自分の信じる正義に向かって突き進んだ結果、少年少女に訪れた結末は悲惨だ。

可愛らしい作画で描かれる見た目とは正反対の、非常に硬派なテーマに挑んだ本作。正義という価値観が、いかに相対的で時に無力であるか、改めて考えさせられる。そして、絶望したくなるような状況に置かれても、なお生きること、すなわち人間の「正義」と向き合うことを選択した冴子とプリュヴィオーズの勇気を讃えたい。
PR
ローゼンメイデン PEACH-PIT 集英社 既刊9巻



新しい作画と物語構成でアニメがスタートした本作。原作は、いよいよ大詰めというところだ。雪華綺晶のまやかしの世界の中をあちらこちらと動きまわっては、時に再び同じ地点に戻ってを繰り返していたドール達だったが、"まかなかった"ジュンの協力もあり、一同はついに雪華綺晶のアジトへと潜入する。

9巻の見せ場は、何と言っても水銀燈の心情の変化だ。これまで孤高を貫き、「私達は絶望するために生まれてきた」という考えのもと、アリスゲームで互いに戦い潰し合うことに迷いを感じなかった水銀燈だったが、蒼星石からローザミズティカを受け入れることで、アリスゲームへの姿勢を変化させる。「至高の少女」であるアリスになるために課された使命を独自に解釈して行き着いたところは、真紅の考えるアリスゲームとも重なる部分が大きかった。

人形は年月を経ても決して変わることはなく、マスターである人間達だけが、時の流れとともに心を変化させ、やがては人形のことを忘れ去っていく。これが、真紅や翠星石達の考えるドールとマスターの関係であった。しかし、彼女達も心の奥では、人間の心によって人形の心もまた動かされていくことを実感していた。それに対して、雪華綺晶は、柿崎めぐが指摘した通りで、自分のことを心から慕ってくれるマスターに出会えないという不幸を抱え続けていた。無機の器に縛られ続ける真紅や水銀燈が、心の部分で力をもらっているのに対して、器に縛られずに心を糧とする雪華綺晶が心に渇望するというのは、何という皮肉であろうか。

表紙のあらすじ紹介によれば、アリスゲームは最終局面へ突入する模様。2桁の大台を迎える「カタカナローゼンメイデン」も、ついに終盤戦か。


◇過去の記事◇
『ローゼンメイデン (1)(2)(3)』
『ローゼンメイデン (4)』
『ローゼンメイデン (5)』
『ローゼンメイデン (6)』
『ローゼンメイデン (7)(8)』
ローゼンメイデン PEACH-PIT 集英社 既刊8巻



謎の転校生としてジュンの学校にやってきた水銀燈のマスター、柿崎めぐの背後には、雪華綺晶の影が。雪華綺晶の魔の手は止まることなく、マスターを狙って攻撃を繰り返す。"まかなかった"世界への援助を求めるドールズだったが、連絡はうまくいかない。一方、雪華綺晶との戦いを通して、それぞれ進む道、生きる道を決めていくドール達の心には、僅かだが溝が生じていく。さらに、雪華綺晶のまやかしの世界で「お父様」と呼ばれる鳥海の不穏な動きの意味することとは。

雪華綺晶の手に落ちた柿崎めぐの攻撃がジュンの心を蝕む場面が印象的な7巻。戦いを通して各々の進む道を決めるドール達の言葉が切なく響く8巻。雪華綺晶の与えるダメージは想像以上に大きく、ついには翠星石と蒼星石がアリスゲームから手を引くことになった。絶体絶命のピンチはまだまだ続き、どうなってしまうのかと心配だ。

戦いの悲劇が避けられない中だが、真紅は己にとってのアリスゲームの戦い方を変えることはないと決意を固める。作中でもたびたび彼女が訴えてきた、人間と人形との絆が、至高の少女アリスになるために強いられた戦いの意味ではないかを主張する。真紅の訴える純粋な感情が、負の感情でつながった、めぐと雪華綺晶の鎖を断ち切れるのだろうか。鍵となるのは、人間であるジュンと巴の働きかけかもしれない。

そして、孤高を貫いている水銀燈、皆と関わりながらも一歩引いた姿勢の金糸雀は、他の姉妹の考えに触れ、自らの戦い方をどう決定していくのか。再び、それぞれの姉妹は皆孤独であるということを意識させられる展開は胸が痛む。

ついに人形の数である7に単行本の数が達し、再び真紅の表紙で迎えた8巻。物語の終着点は見えそうで見えない。


◇過去の記事◇
『ローゼンメイデン (1)(2)(3)』
『ローゼンメイデン (4)』
『ローゼンメイデン (5)』
『ローゼンメイデン (6)』
ローゼンメイデン PEACH-PIT 集英社 既刊6巻



"まいた"世界に訪れた束の間の休息は過ぎ去り、物語が動き始める。ついに学校へ通い始めるジュン、ジュンに興味を持つ少年、鳥海、謎の転校生としてジュンの学校にやってきた、水銀燈のマスターである柿崎めぐ。徐々に"まいた"世界の人間の歩みが重なる。一方、薔薇乙女達の間にも、様々な思いが交錯する。物語の進展を予感させる第6巻。

"まいた"世界の物語が本格化したのが第5巻であったが、大きな進展はなかった。しかし、第6巻では徐々に歯車が動き出す。特に、これまでの複線が回収されつつあるという点で、重要な巻になった。蒼星石がかつて「9秒前の白」で見たものとは? ジュン、水銀燈、柿崎めぐの三者の関係とは? 新たな謎が生まれる。そしてもちろん、すべての黒幕とも言える雪華綺晶の動向も気になるところ。

また、引きこもりから脱出し、学校へ通うジュンや、父親の影に儚い思いを寄せるめぐの描写も非常に充実しているのが、6巻の特徴だ。元から、引きこもりや難病といった課題を丁寧に取り上げてきた本作だけに、期待を裏切らない。ジュンが登校する途中の様子や、Extra Taleとして描かれる水銀燈とめぐのやり取りは、繊細でいて迫力のある描写だった。

次回でヤングジャンプ移籍後の単行本の数が、ドールの数と同じ7に達する。バーズ時代から数えると10年近くにもなる長期連載であるが、まだまだ謎が謎を呼ぶ状態。


◇過去の記事◇
『ローゼンメイデン (1)(2)(3)』
『ローゼンメイデン (4)』
『ローゼンメイデン (5)』
zen zen 槙ようこ×持田あき 集英社 既刊1巻



高校生、古瀬哲は交通事故で兄の直一を亡くしてしまう。兄が遺したのは、「古瀬学習塾」という塾だった。直一はイケメンであったゆえに、塾に集まっていたのは兄狙いの女子ばかりであった。兄の死を機に塾を閉鎖するつもりだった哲だったが、そこに集まる同年代の女子が内面に抱える問題や、兄が生徒に対していかに真剣に向き合っていたかを知り、自らの手で塾を存続させることを決意する。

ヘタレ高校生と、そこに集まる大勢の女子という、少年漫画の王道ラブコメストーリーのような設定を少女漫画に持ち込むとどうなるのかという点で、非常に興味深い作品である。今のところは、恋愛要素が入るというより、少女の内面に向き合おうとして真摯になる哲と、その姿に徐々に心を動かされていく少女たちという展開。意外と勉強に対しても真面目で、三角比を使って、今見ている花火がどれくらいの距離にあるのか測ろうとするエピソードなどもある。

何となく心にぽっかりと穴が開いたような気がして、居場所を求める気持ちを持っていたのは、何も少女達に限ったことではなかった。哲も同じだった。一見わがままで自分勝手な生徒と張り合う中で、時に哲自身も励まされ、希望をもらうこともある。教師と生徒という関係であっても、同年代ゆえに、哲は上から目線でものを言うことはない。ただひたすらに、自分の思いを不器用にぶつけ続けているのだが、その声が彼女達の心の叫びに応えられる瞬間があるのだ。

縦の関係ではない、横の関係でもない、斜めの関係こそが、現代社会で孤独を感じる若者にとって必要な関係なのかもしれないと思ってしまった。

ローゼンメイデン PEACH-PIT 集英社 既刊5巻



"まかなかった"世界に決着が着き、"まいた"世界が本格始動することになった第5巻。薔薇乙女達には束の間の休息が訪れる。一方、"まいた"世界のジュンも、自らの課題であった学校と向き合う決意をするのだった。

"まいた"世界の物語が始まるとともに、これまで出番の少なかった人物が総出演することになる。ジュンの姉ののり、級友の柏葉巴、金糸雀のマスターであるみっちゃんと、以前からの読者にとっては懐かしささえ覚える人物が物語に絡んでくる。特に、真紅と猫の対決を描いたTALE 30は、雛苺と猫のエピソードを知る者にとっては、ほろっとさせるものであっただろう。

これまでは、雪華綺晶の魔の手を逃れることを目標に、一致団結してきた薔薇乙女達だったが、当座の目標が達成された今、これまで向き合わずに済んでいたアリスゲームの意味を再び問わざるを得なくなった。ここに、彼女らが背負った残酷な運命がある。雪華綺晶が再度襲来してきた時のために、再び共闘を誓い合う薔薇乙女達だが、金糸雀が思うように、彼女らの背負った運命が変わることはない。

そして、ジュンもまた、自らの課題に直面する覚悟を決める。しかし、ジュンが外の世界へと歩みを進めることで、ジュンと薔薇乙女との心の距離は広がってしまうかもしれない。年をとることで成長し、やがては老いて死に逝く人間と、永遠に変化することなく存在し続ける人形。これまでも何度か投げかけられてきた問題に、皆はどう立ち向かっていくのだろうか。

無力化されたように思えた雪華綺晶は、密かに力を蓄え、再び戦いを挑んできそうだ。まだまだ続く薔薇乙女の戦い。一見穏やかで楽しい日々は、そう長くは続かなそうだ。


◇過去の記事◇
『ローゼンメイデン (1)(2)(3)』
『ローゼンメイデン (4)』
ローゼンメイデン PEACH-PIT 集英社 既刊4巻



翠星石は、狙い通り蒼星石を復活させ、雪華綺晶の実体化を阻止することになる。"まかなかった"ジュンが元の世界に戻るため、演劇の舞台に作った大時計を動かそうと、各々は自分の課題に立ち向かう。マスターと自分の身体を手に入れようとする雪華綺晶の運命にも注目。

雪華綺晶の魔の手によって絶体絶命のピンチに陥ったジュンが、助けを求めた相手であるのが、"まかなかった"世界のジュン。第4巻で、いよいよ"まかなかった"世界に決着がつく。"まかなかった"世界のジュンは、自らの世界に希望を見出し、"まいた"世界のジュンに勇気を与え、主人公のポジションから退く。対照的に、以前は不気味に暗躍していた雪華綺晶が、哀れに崩れ去っていく過程も描かれる。また、今までずっとアリスゲームに対して強気だった水銀燈も、アリスゲームの勝者という概念を再考しようとする。

雪華綺晶と"まかなかった"世界との関係は、皮肉としか言いようがなかった。雪華綺晶は元来、精神のみの、実態を持たない存在だった。しかし、最終的にはジュンと心の部分で繋がることができず、"まかなかった"世界にはアンティークドールという物質の形で残ることになる。それに対して、真紅・蒼星石・金糸雀らは、物質の壁を乗り越えられなかったが、しっかりとジュンの心の中に根を下ろし、記憶に住み続けることで、"まかなかった"世界に生き残ることになる。自分にとって本当のマスターを求め、泣き崩れる雪華綺晶の姿が切な過ぎる。

次巻からは、"まいた"世界の物語が本格的に始動する。3体のドールのマスターとなった"まいた"世界のジュンの今後が楽しみ。


■過去の記事■
『ローゼンメイデン (1)(2)(3)』


■追記■
本日をもちまして、本ブログが1周年を迎えました。この間、僅かながらリピーターの方を得ることができ、コメントを頂く機会もあり、大変嬉しく思います。毎回記事を書く励みになっています。もちろん、偶然検索した結果このブログに辿り着いたという1回きりの訪問者の方にも、この場をもって感謝致します。少しでも有益な情報が提供できていたらと思います。
今後は、1つ1つの記事の深みを増すとともに、作品の幅を広げ、内容を充実させていけたらと考えています。もちろん、何より楽しむということを忘れずに。今後とも、よろしくお願いします。
ローゼンメイデン PEACH-PIT 集英社 既刊3巻



怪しい通信販売の商品をギリギリのところでクーリングオフするという趣味を持った引きこもりの中学生、桜田ジュンは、謎のダイレクトメールに返信したことをきっかけに、動き、意志を持った存在であるアンティークドール、ローゼンメイデンと出会う。少女人形が至高の少女「アリス」を目指して戦うアリスゲームや、人間と人形という異質なもの同士の心の交流を描く物語。一度連載を終了した後、新たな形で連載を再開。今度の設定はパラレルワールド。「まきます」に丸を付けてダイレクトメールを返信し、ローゼンメイデンと出会った世界のジュンが、「まきません」に丸を付けた世界に生きる、大学生のジュンに助けを求める。「まいた世界」と「まかなかった世界」の2つが交差するところで、新たな物語が紡がれる。

「まかなかった世界」のジュンは、高認に合格し、大学への進学を決めるが、自分の居場所を見つけられず、自分の殻に閉じこもった毎日を送っていた。世間の風当たりは厳しく、自分の過去を後悔する念が日々深まる。しかし、ローゼンメイデンと出会うことで、ジュンは徐々に自分が持つ力の可能性、未来を自ら切り開く勇気を得ていく。そして、ジュンの中に目覚めたのは、今まで思いもしなかった、「この世界に留まりたい」という気持ちだった。ひとりひとりの人間は特別な存在ではないけれど、自分の可能性を信じて未来に向かおうとする努力は尊いものだ。そんなメッセージに溢れた、温かいストーリーが3巻までの魅力。「まかなかった世界」のジュンとローゼンメイデン達の間にも、新たな絆が形成される。

一方、悲しい運命を辿るのが、第7ドールの雪華綺晶。これまで、ドールズの戦いの暗躍者として、不気味な存在感を発揮してきた彼女だが、ある出来事を境に立場が一転。究極の美を追求する彼女の運命はいかに。

連載が一旦終了する前までの重要伏線も、序序に回収されていく段階に入った。第3巻は、ヤングジャンプ版としては、10冊目の単行本。今後の展開も目が離せない。

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]