忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
となりの柏木さん 霜月絹鯊 芳文社 全12巻



オタクな高校生、桜庭雄斗と、隠れオタクの美少女、柏木琴子が繰り広げるラブコメは、ついに最終巻を迎えた。12巻にして、話数は84話。ちょうど7年分の連載となった。

留学生ティナの恋人コウは、実は柏木さんの小学校時代の同級生で、オタクであることを周囲から気持ち悪がられていたコウに何もできなかったことを、柏木さんは気にしていたのだった。そんな2人の関係修復に一役買った雄斗は、その後はコウとも仲良くなり、すっかり恋愛についてのアドバイスをもらうまでになった。

これまでずっと、雄斗に対する恋心に気付かずにいた、というよりも雄斗に対して持っている気持ちが何物であるのかに気付かなかった柏木さんも、ティナからの本気の一言と、女子同士のお泊り会を経て、自分の気持ちについて確信する。周囲から見れば、もう付き合って当たり前の雰囲気の2人は、クリスマスの日に一歩踏み出した雄斗の告白をきっかけに、受験終了後に付き合い始めることを約束する。

最終巻のいいと思えるところは、無事付き合い始めて終わりではないという点だ。恋人となってからの初デート、2人の今後も続く温かい未来を想像させるような一時が描かれる最後の数話は、これまでのぎこちないやり取りと純粋な想いを振り返ると、何とも心温まるものだった。これまでに何度もあった、柏木さんを傷つけてきたこと、格好悪いところを見られてしまったこと、それらをすべて受け入れて、これから先も柏木さんと過ごしていきたいという雄斗の気持ちに最後は胸打たれた。

作中では約1年半という短い時間を、12巻かけて丁寧に描き切った作者に、今はありがとうございますと言いたい。


◇過去の記事◇
『となりの柏木さん(1)』
『となりの柏木さん(2)』
『となりの柏木さん(3)』
『となりの柏木さん(4)~(7)』
『となりの柏木さん(8)』
PR
となりの柏木さん 霜月絹鯊 芳文社 既刊8巻



オタクな高校生、桜庭雄斗と、隠れオタクの美少女、柏木琴子が繰り広げるラブコメの第8巻。留学生のティナが入ったことで、急速にお互いの気持ちを意識し始めた2人だった。高校3年生の夏が近づき、徐々に受験を意識する中、雄斗は柏木さんと同じJ大学を志望校に選択し、難関大合格に向けて努力を始める。そして、制服が夏服に変わって間もない頃、雄斗は誕生日を迎え、柏木さんからは思わぬ誕生日プレゼントをもらう。長らく温めてきた思いが徐々に芽生えつつあるように感じられる夏が始まる。

青春の甘酸っぱさに溢れた作品も、ついに8巻の発売となった。受験や誕生日を経て、確実に近づいている雄斗と柏木さんの距離だったが、柏木さんは未だにその気持ちの何たるかに自信が持てないようである。じれったさを感じる展開ではあるが、2人の恋愛は温かい目で見守りたくなる。

一方、雄斗の友人の和樹と、柏木さんの友人の清花の関係は絶好調である。雄斗と柏木さんを尻目にどんどん進展していく2人の仲は確実に深まっていく。

次の巻では、留学生のティナの恋人コウが登場しそうである。柏木さんとの間で一悶着ありそうな予感がするが、雄斗と柏木さんがこれを乗り越えてさらに関係を進展させられると良いと願う。


◇過去の記事◇
『となりの柏木さん(1)』
『となりの柏木さん(2)』
『となりの柏木さん(3)』
『となりの柏木さん(4)~(7)』
となりの柏木さん 霜月絹鯊 芳文社 既刊7巻



オタクな高校生、桜庭雄斗と、隠れオタクの柏木琴子が繰り広げるラブコメは、ついに7巻に到達した。柏木さんに自らの気持ちを伝えて、恋愛への道を一歩踏み出した雄斗だったが、柏木さんは初めての告白に戸惑い、雄斗もその反応に対してあたふたしていて、2人の進展はマイペースでゆっくりである。

そんな中、急速に進展を見せたのが、雄斗の友人の和樹と、柏木さんの友人の清花だった。女性への気遣いができて、人間関係の処理も上手い(すなわち「リア充」の)和樹は、清花に一途な気持ちを伝え続け、最初は相手にしなかった清花も徐々に心を開いていく。2人は主人公達を追い抜いて、早々と恋人同士になってしまった。和樹は、やっぱりイケメンだなあ。清花のツンデレな面を見事に引き出してしまった。彼女の「敵わない」という言葉にも納得。

一方、進展しない恋に思われた、雄斗と柏木さんの関係だったが、雄斗は柏木さんへの思いを強め、柏木さんは雄斗への恋愛感情に徐々に気付きつつあるのだった。牛歩の歩みとも言える2人の恋の良い起爆剤となったのが、留学生として転校してきたティナの存在だ。共通の趣味をきっかけに、雄斗とティナは仲良くなっていくのだった。これまで雄斗と近しくなる女性がいなかった分、安心できていた柏木さんにとっては、初めて訪れた危機。柏木さんの心はもやもやするばかり。結局のところ、ティナには彼氏がいて、三角関係には至らなかったのだが、自分の気持ちを意識し始めた柏木さん。離れていた距離が少しずつ近づくのだろうか。

主人公達は高3に進級し、各々の進路とも向き合う時期になっていく。初々しさ満点で、青春の甘酸っぱさに溢れる物語を、今後も見守っていきたい。

◇過去の記事◇
『となりの柏木さん(1)』
『となりの柏木さん(2)』
『となりの柏木さん(3)』
恋愛専科 ミズタマ 芳文社 全5巻



超名門の女子校、櫻小路学園に設けられた特別クラスは、女性が苦手な担任教師の心を奪うことを主席の条件にした、その名も「恋愛専科」。期末特別合宿で乗り越えるべき課題を提示され、克服に向けて一歩前進した6人の生徒達。しかし、喜びは束の間で、学園が無くなるという噂が流れる。解体の危機に直面した恋愛専科を救うことができるのか。物語が一気に駆け抜ける最終巻。

学園買収の話が決まり、存続が危ぶまれる中、恋愛専科のメンバーは、緊急会議を開き、やれることをやろうと決心する。その取り組みを評価した理事長、京の母、雪緒の母の計らいで、何とか学園の存続は保たれた。学園買収の裏にあったのは、京の櫻小路家と、雪緒の高林家の対立であった。一件落着の後、2人が共に将来の協力を誓い合った場面は、心温まるものだった。

一方、恋愛面で中心となるのは、こころ。これまでは担任の薮田には、お母さんキャラとして関わってきたのだが、自分の気持ちに気付いたこころは、薮田に自分の気持ちを伝えようとする。結局は、肝心の言葉を発することはできなかったが、2人の関係は大きく進展した。いつか必ず自分の気持ちを伝えると、心に誓った彼女の姿が描かれるラストは、とても爽やかで、それでいて甘酸っぱい後味の残る名場面だった。

恋愛専科での勝負はまだまだこれから。男性から選ばれるという最終結果云々ではなく、生徒達はきっとこれからも成長し続けてくれるのだろう。


◎過去の記事◎
『恋愛専科(1)』
『恋愛専科(2)』
『恋愛専科(3)(4)』
恋愛専科 ミズタマ 芳文社 既刊4巻



女性が苦手な担任にキスさせることが条件の櫻小路学園の特別クラス、恋愛専科。徐々にクラス内の関係も深化していく中で、転校生の杏三枝も登場。さらには期末特別合宿も開催され、イベントは目白押し。

クラスメート間の仲が徐々に変化し、互いが互いを認め合う雰囲気ができてきた。奇抜な帰国子女として現れた杏も、派手な見た目に秘めた思いを皆にぶつけることができ、恋愛専科のメンバーから認められるという理想的な展開もあり、特別クラスは良い方向に転がりだしたのではないだろうか。

クラス担任の薮田の不器用ながらも純粋な心遣いに触れるにつれ、京や茜は彼への恋心を芽生えさせていく。半ば強制的に提示された恋愛専科の卒業条件だったが、各々が自分なりの方法で向き合っていくことになりそうだ。

期末合宿では、それぞれが自らの弱点克服を課された。課題が頭から離れないゆえに戸惑う生徒達の姿がかわいい。事件無しではすみそうにない合宿の行方にも注目だ。


◎過去の記事◎
『恋愛専科(1)』
『恋愛専科(2)』
となりの柏木さん 霜月絹鯊 芳文社 既刊3巻



オタク一直線な高校生、桜庭雄斗と、隠れオタクの柏木琴子が繰り広げるラブコメの第3弾。絵師Sayaneが柏木さんであることがわかり、一気に盛り上がる雄斗。しかし、次々に絵のリクエストをする雄斗に対して、柏木さんはついに「私は桜庭くんの萌え製造機じゃない」と言い、2人の関係は気まずくなる。2人はこの状況を打開できるのか。

真面目でいて面白い。本作を読んでいて常に思う。一般に少年漫画のラブコメは、主人公の男のことが大好きな女性が複数登場し、優柔不断な主人公と女性達の間で起こる事件を面白おかしくまとめあげるものである。本作はこのような路線のラブコメとは一線を画している。主人公は1人の女性のことを大切に思っていて、他の女性との間で揺れたりしない。相手の女性も、ただ主人公のことを愛してやまないわけではない。男の行動に対して怒りを感じることもあれば、喜ぶこともある。要は普通の恋愛をしているのである。

それなのに、滑稽で微笑ましいことが起こるのが恋愛だ。裏表がなく、常に一直線な雄斗の行動を見ていると、どうしてこんなに笑ってしまうのだろう。それに対する柏木さんの返しを見ていると、どうしてこんなに微笑ましくなるのだろう。やや不器用ではあるが、お互いのことを大切に思う2人の関係は、とても爽やかだ。

人間関係に不器用な2人では、進展すべきものも進展しない恐れがある。そんなところで上手く救いの手を差し延べているのが、柏木さんの友人、福田清花だ。彼女自身もまた柏木さんのことが大好きなのだが、協力的に動いている。彼女が入った3人のやり取りがまた面白い。

さてさて、離れていた2人の心は一気に距離を縮めることになった。雄斗の思わぬ告白、そして、雄斗に対して「好き」の気持ちを持っていることを自覚しつつある柏木さん。しかし、その先に待つ「付き合う」という関係に対して戸惑いを見せる2人。純粋で心が温まる。

そんなストーリー展開の中に、ギャルゲーを利用して恋愛の予習をしようと奮闘する雄斗の姿が描かれたり、才色兼備と噂される自分に驚いてあたふたする柏木さんがいたりで、楽しい要素もバッチリ欠かさない。非常にバランスが取れていて、これぞラブコメ。


◇過去の記事◇
『となりの柏木さん(1)』
『となりの柏木さん(2)』
恋愛専科 ミズタマ 芳文社 既刊2巻



名門の私立女子校、櫻小路学園に置かれた特別クラス、「恋愛専科」。クラスに主席の条件として課せられたのは、新任の男性教師である、担任の薮田信太とキスをするということ。生徒がそれぞれの思いを抱え、課題と向き合う中、中間試験が実施されることになる。

女子校に飛び込んだ教師のハーレム物語の第2弾。今回は、表紙にもなっている苗木香澄にまつわる話が多い。異性が苦手という面で、担任と通じ合う部分を感じたり、担任と二人っきりで半日過ごすという中間試験の課題に対して自分なりに奮闘したりと、様々なエピソードに登場する。大人しく、控えめな性格の彼女だが、体力測定では、また新たな側面を見せる。今巻の主人公と言っても良い存在で、魅力が存分に発揮されていたのではないだろうか。

生徒数名が担任を尾行する話など、コミカル描写にもますます磨きがかかっている。それでいて、生徒の内面に変化を感じられる挿話も随所に散りばめられている。ギャグ調の話と、ちょっと良い雰囲気のエピソードが互いを引き立て合っている、メリハリの利いた構成のお陰で、楽しく読み進めることができた。各生徒の魅力も十分に発揮されてきている。理事長が恋愛専科に何を期待しているのかという点も、徐々にだが明らかになってきたように思う。第3巻の発売が待ち遠しい。


●過去の記事●
『恋愛専科(1)』
恋愛専科 ミズタマ 芳文社 既刊1巻



師走の忙しさと個人的な事情も相俟って、約2週間振りの投稿になってしまいました。2010年の終わりが迫る中、今回もレヴューし損ねていた作品を紹介。今年の夏に第1巻が発売された作品です。

名門の私立女子校として名を馳せる櫻小路学園には、一芸に秀でた者やワケあり生徒を、正規の学力試験を経ずに奨学生として集めた特別クラスがあった。女性が苦手ながらも女子校の教師となった新任の薮田信太は、特別クラスの担任を任されることになった。特別クラスの名は、「恋愛専科」。男性に愛されることこそ一流の女性という理念に則り、恋愛専科の生徒たちは、担任とキスをすることが、主席としての栄誉を得るための課題であると命じられる。生徒、担任の運命は。そして、学園の思惑とはいかに。

女性が苦手な男性がハーレムに飛び込むという、ラブコメとしては典型的な設定。担任教師は、思いもしない事態に失神してしまう事態に。しかし、生徒の方が持つ事情は様々。お嬢様の苦悩、男性に対する苦手意識、百合… 結構色々な要素が満載。1巻では、途中茜と雪緒とのエピソードが多めに描かれ、2人の事情が明かされる。この先それぞれの登場人物の過去や内面について掘り下げていくことになれば、深みが出てきそうな感じがする。

そもそも、なぜ学校はこんなクラスを設けることにしたのか。その謎はまだ明らかにされてはいないが、1巻の最後の部分から、学校には何かしらの思惑があるようなことがわかる。物語はまだまだ始まったばかりで、今後どのように転がっていくのかはわからない。

ちなみに余談だが、タイトルと中身から、「恋愛専科で恋愛せんか」というオヤジギャグが浮かんでしまったのは、自分ひとりだろうか…
となりの柏木さん 霜月絹鯊 芳文社 既刊2巻



オタクな高校生、桜庭雄斗と、隠れオタクの柏木琴子が繰り広げる微笑ましいラブコメの第2弾。絵師Sayaneの人気が急上昇する中、雄斗の気持ちは複雑だった。うっかりSayane本人である柏木さんの前で、「冷めちゃったりしない?」と言ってしまい、柏木さんはショックを受ける。しかし、冷静になって自分の言動を振り返った2人はお互いに謝り、関係は修復する。そして、ついに柏木さんは、自らがSayaneであることを打ち明ける。望外の喜びを得た雄斗だったが… 一難去ってまた一難な展開。

今回の帯のメッセージは、「お絵かきSNSで始まった恋は楽しくて、ちょっぴりむずかしい。」。正直、これが本書の内容を実に巧く言い表していて、これ以上の言葉は不要にさえ思えてしまう。これまで雄斗にとっては、3次元の憧れ=柏木さん、大好きな絵師=Sayaneという単純な構図があった。しかし、この4つの項がすべて等号で結ばれることになった今、これまでとは違った人間関係が発生する。雄斗の性格は、どこまでも真っ直ぐだ。ストレートに謝る潔さはあるけれど、周りが見えなくなってしまう危険も秘めている。そんな性格が災いを生んでしまう。現実は厳しい。

柏木さんにとっても、現実はシビアだ。自分が絵師Sayaneであると晒したことで、雄斗との距離を縮められたように思えたのも束の間。柏木琴子とSayaneは同一人物であるはずのに、雄斗の気持ちはもう1人の自分であるSayaneの方へ向かう一方。

近づいては離れ、また離れては近づく。人間と人間が関わるって素晴らしい。だけど同時に、人間と人間がわかり合うのは難しい。そんなことを考えずにはいられない作品。

ちなみに、Sayaneという名前の半分(ne)は柏木琴子、もう半分(Saya)は、親友の福田清花に由来するのであろう。実は、本作は清花のエピソードにも結構ページを割いている。柏木さん大好きな福田清花と、雄斗の友人、草野和樹の間に恋が実るのかにも、注目。


◇過去の記事◇
『となりの柏木さん(1)』
S線上のテナ 岬下部せすな 芳文社 全9巻



調律師本部の革命問題が一段落したと思いきや、デュオンがオスティナを連れ出す騒動が勃発。今まであまり語られることのなかった、デュオンの過去が明らかになる。さらに、事件解決後、事態は急変し、世界が危機を迎えることに。調律師達と恭介は、世界を破滅から救うことができるのか。命の譜面と調律師達の物語、ついに完結。

世界の調和を維持するのが調律師の役目とはいえ、まさか世界の破滅と向き合う展開になろうとは思いもしなかった。しかし、恭介が、自分にとって音楽とは楽しめなければ意味がないという信念を貫いて、世界の崩壊に立ち向かうラストはなかなか爽やかだったように思う。テナとアルンの心を動かしてきた、音を楽しむことの尊さ、飾らない日常を過ごす幸せを最後まで見失わなかった恭介にエールを送りたい。

強大な力を持つゆえに囚われの身となっていたオスティナも、無事力から解放され、自己犠牲という手段を講じることなく、自由の身となった。テナ・アルン・ソプラ・メゾも、それぞれが自立の道を歩むことになった。

カバーを開けると、「ネタバレ注意」の注意書きとともに、3年後の描写がある。ややしんみりした感じの結末とは対照的に、今までと同じようなゆるい日常の1コマが、そこにはある。これは、変わらない日常のために戦い抜いた恭介へのご褒美なのかもしれない。テナとアルンの微笑ましい恋愛バトルに、ピアノ教室を訪れる生徒達。恭介だけ、おっさん化への運命を辿っている部分が笑える。

命の調律師達が、歪んだものを正すという使命を追いながらも、大切な人と出会うことで、自らも調律されていく姿は、とても温かい気持ちになる。人と人とが出会って、関わり合うことで起こる化学変化って素晴らしい。そんな読後感でページを閉じた。


♪過去の記事♪
『S線上のテナ(1)(2)(3)』
『S線上のテナ(4)(5)(6)』
≪ Back  │HOME│

[1] [2]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]