忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
S線上のテナ 岬下部せすな 芳文社 既刊6巻




響恭介は、苦学の末音大を卒業し、自宅でピアノ教室を開きつつ、作曲をして暮らしていた。しかし、交通事故に遭って意識を失い、目を覚ました時には、身の回りのものすべてに譜面が見えるようになっていた。退院し、外を歩いていた時、命の調律師テナに出会う。命の調律師とは、世の中にある乱れた音を調律して、悪質な音符を回収することだという。テナは、恭介自身に寄生した悪質な音符に導かれて来たのだった。しかし、話している途中、恭介が自分よりも先に悪質な音符の存在に気付いたことから、恭介の音符を回収せず、むしろ音符回収を手伝わせようと考える。そうして、テナと恭介の共同生活が始まるのだった。

最初は恭介をただの家来としか思っていなかったテナだが、徐々に恭介への想いが強くなっていく。しかし、強がりなため、なかなか素直になれない。
恭介は、貧乏で決して一流の作曲家とは言えないが、音楽で人を楽しませたいという信念を持ち、勉強熱心でもある。ピアノ教室の生徒からの信頼も厚い。そんな恭介の周囲にいる人々は、徐々に彼から影響を受けていく。テナはもちろんのこと、後に出会うエリート調律師アルンも同様である。

一方、物語は徐々に核心に迫っていく。調律師に課せられた本当の目的とは?恭介に寄生した音符の意味とは?少しずつ、だが確実に、恭介達の周りで事は進行している。今後の展開はどのようになっていくのだろうか。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]