忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
三島凛は信じない! 倉薗紀彦 アスキー・メディアワークス 既刊2巻



才色兼備の女子高生、三島凛と、彼女が自ら作ったオカルト撲滅研究会(通称O.B.K)のメンバーが不思議現象を否定すべく奮闘する物語の第2巻。今回は、座敷童子やドッペルゲンガーの謎に挑む。

傍若無人な三島凛に、主人公の芥川周太郎、谷崎綾目、有栖川が振り回されながら、不思議現象の裏にあるトリックが次々と暴かれていく。そして今回も、凛が謎を解明した後、彼女が知らないところで謎が残り続けるという形式は継承。座敷童子の話では、旅館の主人が行った捏造が見事に暴かれた後になり、周太郎は本物の座敷童子を見ることになる。そして、そのとき有栖川が周太郎に語ったことの真相とは。謎に続く未解決の謎は残る。

今回少し変化球だったのは、ドッペルゲンガー現象の解明。ドッペルゲンガーの正体は意外な人物であり、微笑ましい後日談も描かれるのだが、未解決の謎は一切残らない。

凛に振り回される日々に対して周太郎が多少の愛しさを感じることになる挿話もあり、ますます『涼宮ハルヒの憂鬱』の主人公、キョンのようになっていく周太郎。高校に入学したかと思えば、あっという間に高校2年生が迫ってきた。今後のO.B.Kの活動にも注目したい。


◎過去の記事◎
『三島凛は信じない!(1)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]