忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PandoraHearts 望月淳 スクウェア・エニックス 既刊11巻



15歳の成人の儀式の最中、バスカヴィルの民と呼ばれる者らに襲われ、アヴィスという監獄に落とされたオズ=ベザリウスは、アリスという少女と出会い、契約を交わすことによって、地獄から抜け出す。
謎を追い求めて向かったかつての首都、サブリエから帰還したオズ一同。バルマ公の情報を基に、過去の謎を解くために、トール村へと出向く。オズは、先祖のジャックが残した小箱を受け取り、事が円滑に運んだと思われたとき、過去にも起こったとされる、謎の首狩り事件が発生する。

謎の多い本作も、徐々に過去の事実が判明し、各人の思惑も少しずつ輪郭をはっきりさせてきた。そんな中、オズとその従者、ギルバートが心の奥底に仕舞い込んでいたはずの暴力性が、確実に頭角を現してきた。それは、悲劇の序章となるのか。それとも、2人は運命に抗い、過去の因縁から解き放たれることができるのか。

『PandoraHearts』には、表面上は平静を貫き、穏やかな様子を見せることに長けていても、内面には怒り・憎しみ・悲しみといった強い感情を抱きながら、日常を生きる人物が多い。しかも、その烈しい感情は、100年も前の出来事に起因する。過去の人生の跡が尾を引いて歪んだ性格となった者、達観した者。それぞれの目に映る世界はどんなものだろう。過去の人生に囚われる彼らにとって、「自由」や、「自らの意思」といった言葉は、意味を成すのだろうか。


◇過去の記事◇
『PandoraHearts (1)~(10)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]