忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
ローゼンメイデン PEACH-PIT 集英社 既刊8巻



謎の転校生としてジュンの学校にやってきた水銀燈のマスター、柿崎めぐの背後には、雪華綺晶の影が。雪華綺晶の魔の手は止まることなく、マスターを狙って攻撃を繰り返す。"まかなかった"世界への援助を求めるドールズだったが、連絡はうまくいかない。一方、雪華綺晶との戦いを通して、それぞれ進む道、生きる道を決めていくドール達の心には、僅かだが溝が生じていく。さらに、雪華綺晶のまやかしの世界で「お父様」と呼ばれる鳥海の不穏な動きの意味することとは。

雪華綺晶の手に落ちた柿崎めぐの攻撃がジュンの心を蝕む場面が印象的な7巻。戦いを通して各々の進む道を決めるドール達の言葉が切なく響く8巻。雪華綺晶の与えるダメージは想像以上に大きく、ついには翠星石と蒼星石がアリスゲームから手を引くことになった。絶体絶命のピンチはまだまだ続き、どうなってしまうのかと心配だ。

戦いの悲劇が避けられない中だが、真紅は己にとってのアリスゲームの戦い方を変えることはないと決意を固める。作中でもたびたび彼女が訴えてきた、人間と人形との絆が、至高の少女アリスになるために強いられた戦いの意味ではないかを主張する。真紅の訴える純粋な感情が、負の感情でつながった、めぐと雪華綺晶の鎖を断ち切れるのだろうか。鍵となるのは、人間であるジュンと巴の働きかけかもしれない。

そして、孤高を貫いている水銀燈、皆と関わりながらも一歩引いた姿勢の金糸雀は、他の姉妹の考えに触れ、自らの戦い方をどう決定していくのか。再び、それぞれの姉妹は皆孤独であるということを意識させられる展開は胸が痛む。

ついに人形の数である7に単行本の数が達し、再び真紅の表紙で迎えた8巻。物語の終着点は見えそうで見えない。


◇過去の記事◇
『ローゼンメイデン (1)(2)(3)』
『ローゼンメイデン (4)』
『ローゼンメイデン (5)』
『ローゼンメイデン (6)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]