忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

となりの柏木さん 霜月絹鯊 芳文社 既刊2巻



オタクな高校生、桜庭雄斗と、隠れオタクの柏木琴子が繰り広げる微笑ましいラブコメの第2弾。絵師Sayaneの人気が急上昇する中、雄斗の気持ちは複雑だった。うっかりSayane本人である柏木さんの前で、「冷めちゃったりしない?」と言ってしまい、柏木さんはショックを受ける。しかし、冷静になって自分の言動を振り返った2人はお互いに謝り、関係は修復する。そして、ついに柏木さんは、自らがSayaneであることを打ち明ける。望外の喜びを得た雄斗だったが… 一難去ってまた一難な展開。

今回の帯のメッセージは、「お絵かきSNSで始まった恋は楽しくて、ちょっぴりむずかしい。」。正直、これが本書の内容を実に巧く言い表していて、これ以上の言葉は不要にさえ思えてしまう。これまで雄斗にとっては、3次元の憧れ=柏木さん、大好きな絵師=Sayaneという単純な構図があった。しかし、この4つの項がすべて等号で結ばれることになった今、これまでとは違った人間関係が発生する。雄斗の性格は、どこまでも真っ直ぐだ。ストレートに謝る潔さはあるけれど、周りが見えなくなってしまう危険も秘めている。そんな性格が災いを生んでしまう。現実は厳しい。

柏木さんにとっても、現実はシビアだ。自分が絵師Sayaneであると晒したことで、雄斗との距離を縮められたように思えたのも束の間。柏木琴子とSayaneは同一人物であるはずのに、雄斗の気持ちはもう1人の自分であるSayaneの方へ向かう一方。

近づいては離れ、また離れては近づく。人間と人間が関わるって素晴らしい。だけど同時に、人間と人間がわかり合うのは難しい。そんなことを考えずにはいられない作品。

ちなみに、Sayaneという名前の半分(ne)は柏木琴子、もう半分(Saya)は、親友の福田清花に由来するのであろう。実は、本作は清花のエピソードにも結構ページを割いている。柏木さん大好きな福田清花と、雄斗の友人、草野和樹の間に恋が実るのかにも、注目。


◇過去の記事◇
『となりの柏木さん(1)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]