忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それでも世界は美しい 椎名橙 白泉社 既刊3巻



太陽の王国に嫁いだニケと、王国の少年王、リビが過ごす日々を描いた物語の第3巻。宰相バルドの登場により、2人の仲に亀裂が走るかと思われたが、そんなことで2人の愛が壊れることはなかった。リビとバルドの関係も修復し、再び平穏な日々が訪れようとしていたとき、今度はニケの母国、雨の公国に異変が。雨の公国に駆けつけたニケと、ニケの後を追って到着したリビには、またしても難題が待ち構えていた。

初めは互いに恋愛感情など抱くことのなかった2人だが、互いを知っていくにつれて徐々に愛を深めていく2人だった。3巻でもそれは変わらず。ニケの異変にすぐに気付くリビ。「お前以外のものなんか 俺にはロクに見えてないんだから」の台詞は圧巻。ニケがリビの心遣いに触れ、2人の唇が重なり合ったとき、ニケは今までにない感情を覚える。その湧き上がる想いが何なのか、彼女はまだ掴めずにいる。

一方、雨の公国で、2人は再び仲を引き裂こうとする勢力と対峙することになる。しかも、すべてはニケの祖母である現国王の謀略によるものであった。試練に次ぐ試練の2人だが、今回はどのように乗り越えるのだろうか。雨の公国編は、次巻に続く。


●過去の記事●
『それでも世界は美しい(1)』
『それでも世界は美しい(2)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]