忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
ZOMBIE-LOAN PEACH-PIT スクウェア・エニックス 全13巻



紀多みちるの正体とは、薄荷が世界に背理を蓄積して崩壊させるための刺客、シンギュラリティであった。生きることへの執着が薄いという特徴も、実はイレギュラーに命を与えられ、生き永らえた存在であることに起因していたのだ。七人委員会からは背理として消去の対象になってしまったチカとシトは、攻撃をかわしつつ、みちるを救おうと奮闘する。2人の声が届いたとき、みちるが下す決断とは・・・

ずっと機会を逸していたZOMBIE-LOANの最終巻レビュー。長い休載期間を経て発売された13巻は最終巻となってしまった。最終巻は、ここまでに出てきた人々すべての生き様、願いが結晶となったような内容だった。生きることに執着し続けたチカとシト、生きる意味や目標について自問し続けた芝、「エリザベトの仔」としての定めを受け入れ世界を救おうと戦う修司など、それぞれが自らの信念に従って、薄荷の陰謀を阻止しようとする。そして、みちるもその例外ではなかった。イレギュラーな存在としてこの世に送り込まれた駒に過ぎなかったみちるも、数々の人との出会いを経て、自らの意思を持った存在となり、皆の幸せを願う。

作品で最後まで貫かれたのは、運命に抗えというメッセージだったように思う。たとえアカシックレコードに刻まれた運命が待っているにしても、それに抗う過程があれば、定められた運命が持つ意味も変わり、場合によっては自分の前に敷かれた運命のレールから脱線する可能性も生まれてくるのだ。物語の最後にみちるが下した決断、「たとえZローンに関わる記憶が皆から消去されようと、あるべき位置まで世界の時間を巻き戻す」も、皆と出会うことで心が大きく揺さぶられ、格好悪くても生にしがみつくという強い想いゆえのものであると思う。

運命のいたずらなんて、案外そこかしこに起こるもの。そう思わせてくれる余韻を含んだ最後の1コマが印象的だった。


■過去の記事■
『ZOMBIE-LOAN (1)~(12)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]