忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月刊少女野崎くん 椿いづみ スクウェア・エニックス 既刊8巻



少女漫画家の武骨な男子高校生、野崎梅太郎とその周辺の人々がコメディーを繰り広げる本作も、気付けばもう8巻。

本作の特徴として、ある事実を、ある人は知っていて、ある人は知らないという状況がある。ここから生まれる、何ともかみ合わない会話や頓珍漢なやり取りが、本作では笑いにつながる大きなポイントになっているのだ。しかし、今回、御子柴と若松が作業場で出会うことで、お互いがアシスタントであったことを知ってしまう。この調子で、早く若松も瀬尾先輩の秘密を知ってくれないかなあ… その時、彼は瀬尾先輩への気持ちに気付くのだろうな。

今回も、漫画を扱っている漫画ならではの裏話が登場。それが、第78号で出てくる少女漫画の1/3スペース、通称「柱」である。使い方を間違えると、後でとんでもない黒歴史になったりと、案外難しいスペースだったのだと改めて知った。しかし、この漫画はさすがで、あえて柱を作って柱について説明し、コミックスのカバー折り返しには、しっかりと夢野先生(=野崎)作成の柱を載せてくれている。柱の描き方ひとつとっても、いかにも野崎らしい個性が出ていて、作者の才能を感じられる部分だ。


☆過去の記事☆
『月刊少女野崎くん(1)~(4)』
『月刊少女野崎くん(5)』
『月刊少女野崎くん(6)』
『月刊少女野崎くん(7)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]