忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
ピカ☆イチ 槙ようこ×持田あき 講談社 既刊3巻



都内有数の名門校である愛種高校は、「常に人のために」「友を大切にする」「正々堂々とする」を生徒心得とする、真に優れた人材を輩出しようという学校。そんな学校に惚れて入学した鈴木太郎、鈴木花子の2人は、名は体を表すとでも言うかのような、平凡で目立たない高校生活を送っていた。しかし、愛種高校の実態は、特進クラスの生徒が成績最下位層の生徒に対して壮絶ないじめを平然と行う場であった。いじめの場を偶然にも目撃した太郎と花子は、自分にとっての理想の愛種高校を取り戻すべく、見た目を派手にして学校の不正と闘う覚悟を決める。

序盤の展開は、正義に燃えた地味な生徒による変身物語、そして、陰湿ないじめをする秀才達と、芯のある心を持った主人公達の闘いに焦点が置かれ、やや単純な印象を受けた。しかし、徐々に徐々にそのイメージは払拭されていった。いじめの黒幕であった道玄直治、その側近の三園了も、それぞれ心に傷を抱え、問題行動に走っていたのだ。悪役達の胸中が次第に明らかになるにつれ、物語が抱える複雑さが姿を見せてくるのだ。物語中で花子が感じたように、愛種高校の生徒心得を実現しようと理想に燃えるのも正義である一方、汚れた現実に直面し、その理想に愛想を尽かし、破壊行動へ向かうのもまた、もう一方の正義のように思えてしまうのだ。いじめは絶対の悪としながらも、正義対悪という単純な構図が崩れた時、花子の心情にも変化が生まれる。

もちろん、友情や恋愛といった、少女漫画の王道もたっぷりと用意されている。そして、自分達の力だけでは無力とも思えるような状況でも、果敢に立ち向かおうとする主人公達の姿に励まされることもある。青春時代の喜びから葛藤までがすべて詰まった作品だ。



※お知らせ
9月28日以降に投稿した記事には、バナー広告が表示されるようになっています。ご了承ください。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]