忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
ディメンションW 岩原裕二 スクウェア・エニックス 既刊4巻



コイルという発明品により新時代を迎えた21世紀後半を舞台にした、不正コイルの回収屋、マブチ・キョーマと、ロボット、ミラによる、コイルの謎を追う物語。3巻と4巻では、湖の孤島にある八十神ホテルで起きた小説家怪死事件の謎を追う。この事件の裏には、コイルのエネルギー源である次元Wの秘密が隠されていたのだった。

初めは謎解き風の導入で、物語世界との関係が把握しづらかった怪死事件だったが、ページを繰るごとに、徐々にコイルの問題が浮かび上がってくる。2巻で出てきたルーザーが口にした「ナンバーズ」と呼ばれるコイルの謎に、いよいよ迫ることになった。

エネルギー問題を解決したように思えたコイルの発明だが、コイルを支える力には、次元Wという人智を超えたとんでもない神秘があった。その力を制御するのが難しいゆえに、回収することになったのが、「ナンバーズ」であったのだ。もはや物質世界までも超えているような次元Wは、とても人類が扱えるような代物ではない。科学技術の発展によって莫大な恩恵を得た未来の人類だったが、果たしてそこまで踏み込むことは人類に許されていたのだろうか。八十神編を読みながら、そんなことを思った。


◇過去の記事◇
『ディメンションW (1)』
『ディメンションW (2)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]