忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
魔女の心臓 matoba スクウェア・エニックス 既刊3巻



妹から心臓を奪われ、不死の身となった魔女、ミカが、しゃべるランタンのルミエールとともに旅を続ける物語も3巻を迎えた。時はミカとルミエールの出会いの物語へと巻き戻る。ルミエールの元の姿は、村の人々を襲う竜であった。竜退治を任されたミカだったが、思わぬ出会いで旅の伴侶を得ることになったのだった。

生と死の境界を生きる魔女の物語は、魔女のことを慕ってたまらないルミエールとの出会いの物語から始まる。人々を襲う竜は、たとえ人間と親しくなっても、人間の短い命と向き合わざるを得ない運命に苦しんでいたゆえ、永遠の生を受けた魔女に惹かれていく。そして、徐々にミカという存在そのものにも心惹かれていき、ランタンとして生きることを選ぶのだった。気丈に振る舞うミカも、心に寂しさを抱えることはある。久遠の命を得ることの辛さを1人で背負わなければならないのだから。しかし、その辛さを紛らわせることができるのは、心の交流だ。3巻では、その他にも人間とともに暮らすエルフなど、人間の儚い生と向き合うものたちが描かれる。失うとわかっているのに、なぜ心の交流を求めてしまうのか。エルフは語る。「寂しがりやなだけよ」と。

その他にも、旅の途中で出会う人々との温かい交流が描かれる。その1つ1つのエピソードが、人間はなぜ生きるのか、そして儚い命を持ったものが心を通わすのはなぜなのかといった、根源的な問いを投げかけるものだ。いつものことながら、切なくも心の奥がほんのりと暖かくなるような物語の数々だった。


★過去の記事★
『魔女の心臓(1)』
『魔女の心臓(2)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]