忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

となりの柏木さん 霜月絹鯊 芳文社 既刊7巻



オタクな高校生、桜庭雄斗と、隠れオタクの柏木琴子が繰り広げるラブコメは、ついに7巻に到達した。柏木さんに自らの気持ちを伝えて、恋愛への道を一歩踏み出した雄斗だったが、柏木さんは初めての告白に戸惑い、雄斗もその反応に対してあたふたしていて、2人の進展はマイペースでゆっくりである。

そんな中、急速に進展を見せたのが、雄斗の友人の和樹と、柏木さんの友人の清花だった。女性への気遣いができて、人間関係の処理も上手い(すなわち「リア充」の)和樹は、清花に一途な気持ちを伝え続け、最初は相手にしなかった清花も徐々に心を開いていく。2人は主人公達を追い抜いて、早々と恋人同士になってしまった。和樹は、やっぱりイケメンだなあ。清花のツンデレな面を見事に引き出してしまった。彼女の「敵わない」という言葉にも納得。

一方、進展しない恋に思われた、雄斗と柏木さんの関係だったが、雄斗は柏木さんへの思いを強め、柏木さんは雄斗への恋愛感情に徐々に気付きつつあるのだった。牛歩の歩みとも言える2人の恋の良い起爆剤となったのが、留学生として転校してきたティナの存在だ。共通の趣味をきっかけに、雄斗とティナは仲良くなっていくのだった。これまで雄斗と近しくなる女性がいなかった分、安心できていた柏木さんにとっては、初めて訪れた危機。柏木さんの心はもやもやするばかり。結局のところ、ティナには彼氏がいて、三角関係には至らなかったのだが、自分の気持ちを意識し始めた柏木さん。離れていた距離が少しずつ近づくのだろうか。

主人公達は高3に進級し、各々の進路とも向き合う時期になっていく。初々しさ満点で、青春の甘酸っぱさに溢れる物語を、今後も見守っていきたい。

◇過去の記事◇
『となりの柏木さん(1)』
『となりの柏木さん(2)』
『となりの柏木さん(3)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]