忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クジラの子らは砂上に歌う 梅田阿比 秋田書店 既刊1巻



砂がすべてを覆い尽くす世界で、砂の海を漂う巨大な漂泊船“泥くじら”には、500人もの人々が暮らしていた。外界とは一切交流がなく、外の世界に人間が存在するのかさえ知らない人々の多くは、“サイミア”という超能力を操る短命の種族であった。そして、船の中の政治は、超能力の使えない分長命である人間が担っていた。ある日、泥くじらの前に謎の漂泊船が現れる。少年チャクロは、好奇心に駆られ、漂泊船の中に入り、1人の少女と出会う。洋服の刺繍にあった文字から、その少女はリコスと呼ばれ、泥くじらに連れて帰られる。外の世界に人間がいることに驚く泥くじらの民であったが、リコスとの出会いが悲劇の始まりであった。

砂の海を舞台にした、独自の世界観を持ったファンジー作品。序盤は温かい雰囲気の日常が描かれているが、平穏な日常は長くは続かなかった。ピエロの仮面を被った人々が次々と泥くじらに上陸し、人々を殺していくのだった。まだ多くはわからないが、泥くじらの人々は何らかの罪を負って生きているようである。外の世界からは「鯨の罪人」と呼ばれ、暦は砂刑暦というものにしたがっている。

リコスは自分の島で何をしたのか、そして、漂泊船に棲む謎の怪物ヌースの正体など、謎が多いが、とにかく世界観にぐいぐいと引き込まれていく作品である。泥くじらをはじめ、背景までがしっかりと描きこまれている。そして、乾燥した砂漠の世界に相応しい、淡い雰囲気のある人物の作画。掲載誌のミステリーボニータではファンを確実に増やしている注目作だ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]