忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

xxxHOLiC CLAMP 講談社 既刊15巻



四月一日君尋(わたぬき きみひろ)は、アヤカシが見えるという自分の持って生まれた性質に悩んでいた。ある日、ふと通りかかった店に誘われるように入っていくと、次元の魔女と呼ばれる侑子の元に辿り着く。その店は、願いを叶える店。対価さえ払えば、どんな願いも叶えられる。四月一日は、アヤカシが見えないようになりたいと願う。しかし、その対価は相当なものであり、その対価を支払い終えるまで、四月一日は侑子の店で働くことになってしまうのだった。侑子の元には、様々な客が訪れる。心に何かを抱えた人、解決して欲しい事件を抱えた人、人間以外のものも。四月一日は、バイトという名目で、侑子に付き合わされたり、客の元に送られたりして、客の対応を手伝わされる。その中で、四月一日は時に不思議な、時に教訓的な出来事に出会っていくことになる。

各話、何かと考えさせられる要素があるのが、魅力的な作品。オカルトファンタジーと称される作品とはいっても、扱われるテーマは普遍的なものである。人間の心の暗部、ことばに縛られる人間、動植物に対する人間の驕りなど。例えば、どんな願いも叶えるためには対価が必要で、うまい話など、そうあるものではないというテーマは、多くの依頼人に共通している。対価が必要だということを理解できない、あるいはわかろうとしない人間に待つのは、厳しい未来である。対価が必要な点では、四月一日も例外ではなく、彼は毎日のように侑子の店で働く。また、アヤカシを遠ざける能力を持つのは、自分の嫌いな百目鬼という男である。それでも、四月一日はめげずに日々の労働をこなす。対価を支払おうと勤しむ四月一日に明るい未来は待っているのか。
その他にも、狐のおでん屋、座敷童のバレンタインチョコなど、微笑ましいエピソードもある。

各巻とも、装丁に凝っている点が特徴。作品の妖艶な雰囲気を反映した表紙は、非常に綺麗である。本全体が雰囲気作りに貢献している。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]