忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
幻影少年 万乗大智 小学館 既刊1巻



秋月サトワは、人の脳波と同調することで、人の心の中に入る能力を持つ。行きつけの喫茶店を営む少女、小川水音の命を救ったことがきっかけで、水音にその能力を買われる。カフェの2階にひっそりと事務所を設置し、そこに現れた依頼人の願いを叶え、人を救うことに。サトワは依頼人の関係者の心の中にダイブし、問題を解決していく。

精神科医が人の夢の中に入っていくという近未来を描いた、筒井康隆の小説『パプリカ』の少年版とも思える内容。どのようにして依頼人の心に平静が訪れるのか、そこに至るまでのミステリー的な要素が魅力的な作品。それほど複雑でないにしても、毎回謎解きのような展開で物語が進むことが多い。意識不明の状態に陥ってしまった者、頑なに口を閉ざした者など、決して心の内を語ることのない人間の内奥には、それぞれ熱い思いが潜んでいる。それをサトワが解きほぐしていくことで、依頼人の心に一筋の光が射す。
絵は普通といったところだろうか。しかし、全体として謎めいた雰囲気が醸し出されていて、独特の世界観がある。サトワは常に冷静で、金銭など世俗的なものへの関心が薄い人間として描かれている。作者の巻末コメントによると、今後はサトワの人間的な面がもっと描かれていくらしい。今後も期待できる。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]