忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
ヤンキー君とメガネちゃん 吉河美希 講談社 既刊20巻



節目の20巻。表紙は花の弟、葉で、久々の男性キャラとなった。

受験勉強が本格化する中で、品川と八王子の関係に焦点を当てたのが19巻だったのに対して、20巻では最近影の薄かった和泉や千葉のエピソードも挿まれ、非常にバランスが取れているように思う。和泉のエピソードでは宮崎、千葉のエピソードではマコトと、すっかりご無沙汰の人物も出て来るところがまた良い。自分の進路、他人の進路で悩む千葉と和泉。自分なりの答えを見出した2人は、さらに強い気持ちで目標へと前進していくことになるだろう。また、それなりの出番を与えられていた尾張小牧、宮城さくら、長老こと和歌山シンゴらの進路も決定した模様。このあたりの配慮が素晴らしい。

進路といえば、20巻の1話目となる、177話の三者面談のエピソードはなかなか感動的。品川に「おまえは紋白高校の希望だな」と温かい言葉をかける堺先生は、これまでにない存在感を放ち、いい味を出していた。

また、メインイベントとなる予備校の冬期講習では、関西の秀才、神戸太陽が登場。個性的なガリ勉君を毛嫌いしていた品川だったが、ひょんなことから神戸に勉強のアドバイスを受け、成績は急上昇。勉強に目覚めていく品川の姿から勇気をもらった。神戸の姿に大紫学園時代の自分を重ねた品川は、神戸と殿様大学での再開を誓い、合宿所を去った。

個人的には、最近のような受験や進路が話題になることの多い展開も好きだが、このような展開だけでは、ともすると読者を離してしまう恐れはある。かつてのノリを思い出させるような特別編(『マガジンSPECIAL』収録)には、懐かしさを感じてしまった。次巻では、品川の姉、海里と元紋白高校生徒会長の秋田との恋愛話も取り入れ、少し毛色を変える模様。


■過去の記事■
『ヤンキー君とメガネちゃん(1)~(4)』
『ヤンキー君とメガネちゃん(5)~(8)』
『ヤンキー君とメガネちゃん(9)~(12)』
『ヤンキー君とメガネちゃん(13)~(16)』
『ヤンキー君とメガネちゃん(17)(18)』
『ヤンキー君とメガネちゃん(19)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[92] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]