忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
恋愛専科 ミズタマ 芳文社 既刊1巻



師走の忙しさと個人的な事情も相俟って、約2週間振りの投稿になってしまいました。2010年の終わりが迫る中、今回もレヴューし損ねていた作品を紹介。今年の夏に第1巻が発売された作品です。

名門の私立女子校として名を馳せる櫻小路学園には、一芸に秀でた者やワケあり生徒を、正規の学力試験を経ずに奨学生として集めた特別クラスがあった。女性が苦手ながらも女子校の教師となった新任の薮田信太は、特別クラスの担任を任されることになった。特別クラスの名は、「恋愛専科」。男性に愛されることこそ一流の女性という理念に則り、恋愛専科の生徒たちは、担任とキスをすることが、主席としての栄誉を得るための課題であると命じられる。生徒、担任の運命は。そして、学園の思惑とはいかに。

女性が苦手な男性がハーレムに飛び込むという、ラブコメとしては典型的な設定。担任教師は、思いもしない事態に失神してしまう事態に。しかし、生徒の方が持つ事情は様々。お嬢様の苦悩、男性に対する苦手意識、百合… 結構色々な要素が満載。1巻では、途中茜と雪緒とのエピソードが多めに描かれ、2人の事情が明かされる。この先それぞれの登場人物の過去や内面について掘り下げていくことになれば、深みが出てきそうな感じがする。

そもそも、なぜ学校はこんなクラスを設けることにしたのか。その謎はまだ明らかにされてはいないが、1巻の最後の部分から、学校には何かしらの思惑があるようなことがわかる。物語はまだまだ始まったばかりで、今後どのように転がっていくのかはわからない。

ちなみに余談だが、タイトルと中身から、「恋愛専科で恋愛せんか」というオヤジギャグが浮かんでしまったのは、自分ひとりだろうか…
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[97] [96] [95] [94] [93] [92] [89] [88] [87] [86] [85]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]