忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋愛専科 ミズタマ 芳文社 全5巻



超名門の女子校、櫻小路学園に設けられた特別クラスは、女性が苦手な担任教師の心を奪うことを主席の条件にした、その名も「恋愛専科」。期末特別合宿で乗り越えるべき課題を提示され、克服に向けて一歩前進した6人の生徒達。しかし、喜びは束の間で、学園が無くなるという噂が流れる。解体の危機に直面した恋愛専科を救うことができるのか。物語が一気に駆け抜ける最終巻。

学園買収の話が決まり、存続が危ぶまれる中、恋愛専科のメンバーは、緊急会議を開き、やれることをやろうと決心する。その取り組みを評価した理事長、京の母、雪緒の母の計らいで、何とか学園の存続は保たれた。学園買収の裏にあったのは、京の櫻小路家と、雪緒の高林家の対立であった。一件落着の後、2人が共に将来の協力を誓い合った場面は、心温まるものだった。

一方、恋愛面で中心となるのは、こころ。これまでは担任の薮田には、お母さんキャラとして関わってきたのだが、自分の気持ちに気付いたこころは、薮田に自分の気持ちを伝えようとする。結局は、肝心の言葉を発することはできなかったが、2人の関係は大きく進展した。いつか必ず自分の気持ちを伝えると、心に誓った彼女の姿が描かれるラストは、とても爽やかで、それでいて甘酸っぱい後味の残る名場面だった。

恋愛専科での勝負はまだまだこれから。男性から選ばれるという最終結果云々ではなく、生徒達はきっとこれからも成長し続けてくれるのだろう。


◎過去の記事◎
『恋愛専科(1)』
『恋愛専科(2)』
『恋愛専科(3)(4)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]