忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
それでも世界は美しい 椎名橙 白泉社 既刊6巻



太陽の王国の若き王女ニケと、王国の少年王リビの物語の第6巻。砂の皇国編がクライマックスを迎える。砂の皇国の王イラーダは、ニケを自らの妻にしようと謀略に出る。王の側近の手を借りて何とか脱出したニケだったが、追っ手は迫る。絶体絶命のピンチに陥ったニケは、逃げずに王に立ち向かうのだった。

第1巻から繰り返し描かれてきたテーマが、本作のタイトルにもなっている、「世界は美しい」というメッセージであった。砂の皇国編では、そのテーマがこれまで以上に美しく、そして壮大に描かれていた。砂に囲まれた厳しい環境の皇国では、数多の人々が尊い命を落としていった。王のイラーダは、自然の猛威に晒される度に自らの無力さを実感するのだった。しかし、皆の願いを受けたニケの歌によって雨が降り、その雨によって王はこの世界の美しさを改めて実感し、また、この世界に生きていてよいのだという許しを得たような気持ちになる。これまで1人で抱え込んできた重荷を降ろせるわけではないが、イラーダは、ニケが降らせた雨により、乾燥した心までも潤わせるのだった。これまでも何度となく人々の心を救ってきたニケの雨であったが、砂の皇国編のラストは屈指の名場面となった。

今回は、巻末のおまけ漫画「概ね世界は美しい」も収録されていた。砂の皇国の王イラーダのそっくりさんが電気屋となって登場し、ニケに求愛するというエピソード。ここでもライバルとなるリビとイラーダの対立が面白い。

本編は、湖の王国編に突入する。かつて登場したルナの結婚騒動に巻き込まれ、また新たな騒動が起こる。また、本作は4月からアニメ化が決定したそうだ。これにより、ますます多くの人が本作のことを知るようになると思うと嬉しい。


●過去の記事●
『それでも世界は美しい(1)』
『それでも世界は美しい(2)』
『それでも世界は美しい(3)』
『それでも世界は美しい(4)』
『それでも世界は美しい(5)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]