忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤンキー君とメガネちゃん 吉河美希 講談社 既刊19巻



20巻の大台を直前に控えた19巻。予想した通り、表紙は八王子雫だった。

様々なきっかけが積み重なり、品川の中にも徐々に殿様大学合格への熱意が芽生えていくのが、19巻の柱。受験という大枠の中で話が進みつつも、新たなイケメンキャラ、青森密が出現し、足立の過去の心情が明かされるなど、中身は濃い。

結局のところ、八王子の問題は解決するまでもなく、今後も尾を引いていきそうだ。読者から見れば、悲恋になりそうなのは目に見えているのに、本人は品川との大学生活を夢見て、自分の勉強に、他人の指導にと励むという姿は辛い。そんな中、恋愛なんてどこ吹く風という足立のキャラクターは貴重。物語が恋愛の泥沼にはまっていくのを、辛うじて阻止している。

ちなみに、最も合格が絶望的だった足立は、殿様大学のリーダー推薦枠によって、皆より一足先に殿様大学合格を決める。これは、組織のリーダーを経験したことがあり、かつユニークな発想力を持った人材を集めるための制度だ。紋白高校の不良枠といい、この物語の学校は、一見はちゃめちゃな制度を取り入れているように見えつつ、実は時代の最先端を行く、魅力的な入試を行っているような気がしてしまう。

ふと考えてしまった。彼らが大学に合格したところで、大学編を『ヤングマガジン』で連載、社会人になってからは『モーニング』へ移籍して続編… なんてことを。


◎過去の記事◎
『ヤンキー君とメガネちゃん(1)~(4)』
『ヤンキー君とメガネちゃん(5)~(8)』
『ヤンキー君とメガネちゃん(9)~(12)』
『ヤンキー君とメガネちゃん(13)~(16)』
『ヤンキー君とメガネちゃん(17)(18)』
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]