忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
自殺島 森恒二 白泉社 既刊1巻




もし自殺者が増え、日本政府が彼らを抱えきれなくなったら…
自殺常習犯を日本国から追放し、義務を課さない代わりに権利も与えないという政策を、政府は採用した。好きなように暮らしてくれと言わんばかりに、孤島に送られる彼ら。その島の通称名は、「自殺島」。
ルールも義務もない社会では、何もかもが自由である。当然、生きることも死ぬことも。
同じ船で送られてきた一団は、その集団で生活することにする。しかし、生活は思うほど楽ではない。水を探し、狩猟採集生活を行い、寝床を確保する。今日明日の生活を精いっぱい生きていく必要がある。その中には脱落者も出てくる。希望の持てない人々は、静かに命を絶っていく。また、残った者は死者を埋葬しながら日々を生きる。
2009年9月6日朝日新聞書評のコミックガイドでも取り上げられた作品。

何もかも―死ぬことも生きることも―が自由になったら、どうなるのだろうか。作者は、主人公セイに対し、生きるという選択肢を与えた。主人公は、常に死と隣り合わせの中で、逆に生への希望を得ていく。
島では、仲間割れや強奪も起こる。無法地帯に生きる極限状態に置かれた人々は、人間のエゴや弱さも露呈させる。その中で、改めて問いかけられる、生きるということの意義とは。
この漫画で展開させるのは、様々なものを訴えかけてくる思考実験である。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]