忍者ブログ
自分が読んだ漫画の記録です。昔読んだものから最近のものまで、少しずつ揃えるつもりです。 コメント、トラックバック、お気軽にどうぞ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/11 黒きオーラ]
[04/13 黒きオーラ]
[01/04 黒きオーラ]
[08/04 黒きオーラ]
[07/19 黒きオーラ]
プロフィール
HN:
S. K.
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/04/15
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
時計
新世紀エヴァンゲリオン 貞本義行 原作:GAINAX・カラー 角川書店 全14巻



日本のアニメ史に残る衝撃作のコミカライズ版最終巻が、昨年発売された。あまりにも人気作であるがゆえ、数多のブログやサイトで詳細な分析や批評、解説、感想の掲載がなされているであろう。今更ここで記事にしたところでどこまでの価値があるのかもわからない。しかし、2015年は、この物語上では主人公達が次々と現れる謎の生命体である使徒と戦う舞台の年である。また、物語の重要人物である葛城ミサトとは、実は私自身がほぼ同年代で、今年ついに彼女の年齢になった。そのような時代的、個人的双方の点で節目となったこの時期だからこそ、超大作の振り返りを行ってみたいと思う。

物語は、2000年に起こった地球上の人類の半分を死に追いやった事件、「セカンドインパクト」から15年が経った世界を舞台とする。日本は現在の箱根辺りに「第3新東京市」を置き、謎の生命体である「使徒」からの襲撃に備え、巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」を稼働させた。その巨大兵器を操縦する15歳前後の少年少女達を軸に物語は展開する。エヴァンゲリオンのパイロットに選ばれた主人公、碇シンジは、人との関わりを避けて日々を過ごしていたが、エヴァンゲリオンに携わる中で出会った友人や大人達と交流を深めることで、かけがえのない絆を作り上げていくのだった。しかし、シンジは徐々に、地球や人類の滅亡を防ぐというあまりにも大きな大義名分を抱えながら正体不明の敵と戦い、戦いの中で大切な友人達を失い続ける運命に対して、耐えがたい苦痛を感じるようになる。また、父親の碇ゲンドウが進める謎の「人類補完計画」の遂行に巻き込まれることになり、世界の命運はシンジの双肩に託されることとなるのだった。

アニメ版、劇場版とも少しずつ異なったストーリー展開と描写を特徴とする漫画版は、アニメが放送される前から連載を開始し、完結まで足掛け20年近くの年月を要した。結末の描き方は、自衛隊が第3東京市の要塞に侵入するというシーンを含む点では劇場版に似ている。そもそも繊細で内向的な人物を主人公に据えるという設定を用意したのは、本作が従来のロボットアニメに対するアンチテーゼを意識したものであるからであると制作陣は述べていた。ならば、自衛隊の描写は、主人公の内面の葛藤と世界の命運がシンクロする「セカイ系」に対するアンチテーゼと読み取れるのかもしれない。セカイ系ブームの火付け役となった本作が、20年の時を経てセカイ系では省かれるのが常套手段の社会や国家の姿を描いたというのは、何とも興味深い。

その他、アニメ版では最後絶望の淵に立たされるアスカに対して、やや救いのあるラストを用意していたり、綾波の淡い恋心を描写していたりと、アニメ版とは少しずつ違ったストーリーになっている部分が少なからずあり、アニメ版との比較を楽しむ余地が残されている。特に、シンジと父親との関係を時に丹念に描いていたアニメ版との違いなどは、注目に値する。原作をなぞるだけではないコミカライズの魅力が詰まった作品である。

物語の骨格の部分は、アニメ版だろうが漫画版だろうが同じであろう。他者と関わることの意味とは何か。他者とは永遠に分かり合えることはないかもしれないし、心を通わせた他者ともいつかは別れることになるが、それでも他者の存在を求める人間の心とは何か。少年少女による他愛もない日常のやり取りから、極限状態に追い込まれた人間の精神描写に至るまで、常にこの問いが投げかけられてくる。エヴァンゲリオンや使徒が防御のために使う「A.T.フィールド」すら、心の壁のメタファーとしての役割を果たしている。また、人類補完計画をめぐる戦いでは、超えられない他者との境界は、人々を憎しみや絶望といった醜い感情へと誘うものとなるか、他者と触れる喜びを得るためのものとなるか、問いかけられる。他者という存在に対する希望と絶望の狭間で苦しむ登場人物達の姿に、我々は普遍的な問いを見出し、心を揺さぶられるのだろう。
PR
テラモリ iko 小学館 既刊2巻



作者自身も自虐的に指摘しているが、「テラモリ」とは、タイトルから想像される食べ物漫画のイメージとは真逆を行く、アパレル業界を扱ったコメディータッチの漫画である。舞台はスーツ販売店の「テーラー森」(略して「テラモリ」)中央店。ヲタク女子大生の高宮陽は、紳士服の知識はゼロの上に接客に不安を覚えるほどの人物だったが、時給の高さに目が眩み、テーラー森中央店でのアルバイトに応募し、採用される。個性的で優しい同僚に囲まれ、ドS副店長の平尾に指導されつつ、高宮は成長していくのだった。

一応「サンデー」の作品だよなと目を疑うような、少女漫画に出てくるようなイケメン達が多く登場する漫画である。それに加えて、コメディー要素の強い部分だけを見ていると、軽いノリの漫画にも思えるが、中身は実は本格派である。作者自身が紳士服店でのアルバイト経験があり、それに加えて取材もしているようである。知っているようで知らないスーツの世界の奥深さ、高宮が仕事に求められる厳しさを学び成長していく過程が随所に盛り込まれており、スーツを見る目が変わり、同時に働く元気が湧いてくる物語である。

スパイスとして入っている恋愛要素と紳士服の豆知識は両立が難しい部分もあろうが、両方がうまく織り交ざった時には他の漫画では描き切れない面白さが生まれるのではないかと期待している。
NEWS×it くろは スクウェア・エニックス 既刊1巻



平日22時から放送中の報道番組、「NEWS×it」のメインキャスター武藤玲子が繰り広げる数々の放送事故レベルを軽く超えた失態に対して、同じ番組でキャスターを務める鳩谷三郎がツッコミを入れるというギャグをネタにした漫画。「社会派風報道ギャグ」の名に相応しく、決して社会派を気取った作品ではなく、ただただ日々のニュースを伝える際の文言や伝え方に変化を凝らしてギャグに展開していくという作風である。

決して風刺に満ちた社会派の漫画とは言えないのだが、ニュース番組も立派なギャグの舞台たり得ることを示してくれる良作だと思う。少なからぬ不謹慎ネタが存在するだけに、読む人を選ぶかもしれないが、そこに挑んでいく作者の姿勢が潔くて、むしろ作品が光って見える。個人的に大好きなネタは、政権支持率の話題がいつの間にか漫画の読者アンケートのように語られていく#11と、法廷画のイラストレーターが不足したために流行の絵師に法廷画を依頼したら…という#04だ。

現実では放送事故どころでは済まされないような事態も軽々と扱ってしまうところに、本作の魅力がある。高速道路の事故をマリ○カートのようなゲームで再現しようとするネタなど、現実にしてしまった場合の世間の反応を考えると恐ろしい。特に近年、多方面からのバッシングを恐れて無難な道を選ぶのがテレビ局の姿勢になり、それゆえにいつどんなチャンネルに合わせても同じようで無味乾燥な番組が制作されていると批判されがちである。だからこそ、せめてフィクションの世界でなら思う存分やりたい放題なテレビ番組があってもよいのではという、世の中の潜在的な欲求に応えるものとして、本作が生まれたのではないだろうか。
リューシカ・リューシカ 安倍吉俊 スクウェア・エニックス 全10巻



空想少女リューシカの物語の最終巻。大人になると忘れられてしまう、在りし日感性を全編フルカラーの美しい絵で描いた物語もついに終わりを迎えた。

お掃除ロボットの気持ちを考えてみたり、「飛び方を忘れた」という言葉を吹き込まれたオウムのことを心から心配したりと、相変わらず空想少女の感性を存分に描いている。前回、大人である作者が子どもの感性で作品を描いているにもかかわらず、作者の引き出しが多いということを書いたが、まだまだ物語は続けられそうであった。しかし、連載終了に至るまでの作者の心情を語った、「糞先生」との対談形式のあとがきを読み、物語が終焉を迎えるのも仕方がないのかなと納得がいった。

あとがきにもあるように、この物語のスタートはリューシカ個人の空想の世界で、そこには誰も入る隙がなかった。しかし、物語が進むにつれて、その空想の世界が広がりを見せ、姉、兄、父、近所の人、出かけた先で電車に乗り合わせた人と、徐々にリューシカの世界に触れる人間が増えていく。そのようにして自らの世界が拡大していくことがリューシカの成長であったのだ。そして、成長とは切っても切れない関係にあるのが、大人としての視点であった。いずれは子供と大人の境界を破って「大人」側へと入っていく運命を負ったリューシカを描く以上、どこかに終わりがなければならない。周囲の人間と関わるために言葉を覚え、言葉による思考を獲得しつつあるリューシカの現状は、まさにリューシカが周囲と同様の「大人」側にまわりつつあることを示していて、物語の終わりに相応しかったのかもしれない。


◆過去の記事◆
『リューシカ・リューシカ(1)』
『リューシカ・リューシカ(2)』
『リューシカ・リューシカ(9)』
クジラの子らは砂上に歌う  梅田阿比 秋田書店 既刊5巻



砂漠に浮かぶ船「泥クジラ」の民は、「スキロス」の襲撃を見事撃退した。無事平穏な日々に戻るかのように思えた「泥クジラ」の民だったが、外の世界との接触がこれで絶たれることはなかった。「泥クジラ」を守っていたはずの砂の大波に漂流した、スィデラシア連合王国という国に属する人々が「泥クジラ」を訪れる。

物語は新章に突入し、これまであまり明らかにされていなかった「泥クジラ」の民の過去や「泥クジラ」の秘密が徐々に明かされることになる。「泥クジラ」の民が感情を持っている理由、「スキロス」が民を襲った理由、「泥クジラ」の民が短命である理由など、物語の根幹に関わりそうな背景が、「スキロス」の中枢を動かす人物や、チャクロの前に突如現れる謎の少女エマ、スィデラシアの人々の口から語られることで、読者に伝えられる。「泥クジラ」の生活は、ゆったりとした時間の中で質素ながらも心が満たされた理想とも言えるものに見えたが、「泥クジラ」の民はとんでもない罪を背負わされて生きてきたことが判明するのだ。

自分とは何かを知るきっかけは、他者との触れ合いによるところが大きかったりする。そして、他者との交流は、時に自らのアイデンティティを揺るがすこともある。他と比較しなければ当たり前に思っていたことが覆されれば、アイデンティティの危機に陥ることもある。「泥クジラ」の民が外界と関わっていく過程はまさにそのような過程だと言える。これまでは些細なものに過ぎなかった争いの種が少しずつ育ち、内部に亀裂を生みそうな不穏な空気が感じられてきた。「この島が私たちの大事な世界のすべてだった」という台詞が表すように、これまでは閉鎖空間の中で生きてきた「泥クジラ」の民が外の世界と触れ合うことで、確かに何かが変わりつつある。そして、その変化は不可逆的なものであり、もう懐かしきあの日々に戻ることは許されない。「スキロス」との戦いを選んだ時点で既に運命は動き出していたのかと思うと、本当に切ない気持ちになる。

「泥クジラ」の舵を取り、自ら外の世界へと飛び出すことを選択した民の未来はどのようなものになるのだろうか。


■過去の記事■
『クジラの子らは砂上に歌う(1)』
『クジラの子らは砂上に歌う(2)』
『クジラの子らは砂上に歌う(3)』
『クジラの子らは砂上に歌う(4)』
女王様の絵師 私屋カヲル 双葉社 既刊1巻



とある地方都市の平凡な高校に通い、漫画家として身を立てようと燃える(が才能に乏しく成績も留年が心配されるレベルの)藤井真紀のクラスには、対照的な生徒である雪森れいかと永瀬サリナがいた。れいかは成績抜群な一匹狼であり、サリナは派手でセクシーな見た目の幼馴染み。そんな、同じクラスにいながらまるで違う世界に生きるように思える3人だったが、ひょんなことから漫画同好会を結成することになる。「こどものじかん」の私屋カヲルによる最新作。

ちょうど「こどものじかん」がラストで高校生になったりんたちを描いて終了したので、まるでその後の学年を引き継ぐような形で始まった本作。相変わらず、下ネタギャグとたまに入ってくるシリアスとで構成される物語展開は、作者の得意分野と言えるだろうか。漫画同好会と言っても、主人公達が描こうとするのはエロ漫画であるだけに、下ネタが飛び出す環境としては申し分ない。れいかのドSぶりにエロへの執着、サリナの幼馴染みに対して抱く恋心ゆえの大胆な行動など、2人の女王が普段は表に出さないぶっとんだ面で構成されるギャグが本作最大の売りである。さらに、漫画同好会の顧問となる数学教師の宮島のキャラクターと経歴が良い味を出している。プロの漫画家としての生活に行き詰まり、仕方なく派遣の教員としての業務を淡々とこなす宮島だったが、漫画同好会との出会いをきっかけに、彼は忘れ去った情熱の炎を再び燃やすことになる。

物語は、学校内で漫画同好会の地位を確立させるべく、新人賞受賞を目指す展開となる。新たな私屋カヲルワールド、楽しめそうである。
詠う! 平安京 真柴真 スクウェア・エニックス 全6巻



平成の世から平安時代にタイムスリップしてしまった少年、藤原定家。表向きは言祝ぎの天女として和歌の収集を続けていたところを、怨霊と化した菅原道真が定家の力を狙い、定家とその周囲にいる人々に危険が降りかかる。

物語はいよいよ最終巻。最もクローズアップされるのは、菅原道真である。藤原氏との関わりの中で無念を抱いて怨霊と化すまでの経緯が語られ、定家は共感の念を強くする。そこに付け込んだ道真は、定家の言祝ぎの天女としての力を利用し、都を破壊しようと試みる。定家が男だと知ってから、一時は定家への信頼を失くしていた在原業平だったが、小野小町に諭されて、定家の命を救おうと決意する。2人の協力あって無事に道真を成仏させた定家に待っていたのは、平安京との突然の別れだった。

別れはあまりにも突然だった。和歌の収集が進み、もうそろそろかという頃合いは見えていたものの、本人の意志に関係なく現代へと戻された定家。修学旅行に復帰した定家が北野天満宮で菅原道真から聞いたメッセージこそが、本作のテーマにも結び付くものであろう。時代は違えど、自然の美しさに感動する気持ちや、恋に悩む気持ち、人との別れを悲しむ気持ちは同じ。だからこそ和歌はこれまで生き残り、我々に当時の人々が生きた証を届けてくれるのだろう。和歌に対する真摯な思いを伝えようとしてきた本書だからこその、心に染み入る極上のメッセージであったと思う。過去の記事でも語ってきたことだが、和歌の解釈から裏に込められた思いに至るまでの丁寧な解説を、エンターテインメント性たっぷりの描き方で表現した作品で、読者を和歌の世界に案内する入門書としてこれほど優れたものはないと思う。


■過去の記事■
『詠う! 平安京(1)』
『詠う! 平安京(2)(3)』
『詠う! 平安京(4)(5)』
アンの世界地図~It's a small world~  吟鳥子 秋田書店 既刊3巻



家出したロリータ服の少女、アンが徳島で徐々に自分の居場所を見つけ、他人の愛情に触れていく物語の第3巻。アンはお茶碗を買おうと訪れた店先で、ドイツ人の幽霊に出会う。幽霊は名をマイズナーといい、第一次世界大戦中の徳島、坂東俘虜収容所に連れて来られた。俘虜と当時の徳島の人々との心温まる交流と悲劇的な結末が描かれる。

第2巻から急展開を迎えた本作。第3巻で、ドイツ人俘虜の物語は一応の終結を迎える。突如訪れたアンとマイズナーとの出会いだったが、この不思議な経験は両者にとって必然だったように思える。育児放棄ともいえる状況で育ち、自らの親の振る舞いに対して幼い頃から疑問を抱かずにはいられなかったアンに対して、両親に裏切られたという思いを抱いて生きていかざるを得なかった子ども、あおいを本当の親のように育てたマイズナー。2人の心はまるでパズルのピースのようにぴたりとはまり、互いの心を癒す。物語中に出てくるその他のドイツ人俘虜が背負った運命を見ても、人が人として認められ、生きていくことの難しさを感じざるを得ない。

突如始まった過去の物語はやがて現代の事件へと収斂する。過去の物語で登場したあおいは、第一次世界大戦の時代にドイツ人俘虜と日本人女性の間に産まれた、アキの祖母に当たる人物だったのだ。時は現代、ドイツ兵の慰霊を祭る場所で、アキとあおいが出会う。不穏な空気を醸して、物語は続く。


■過去の記事■
『アンの世界地図~It's a small world~(1)』
『アンの世界地図~It's a small world~(2)』
クジラの子らは砂上に歌う  梅田阿比 秋田書店 既刊4巻



砂漠に浮かぶ船「泥クジラ」の民は、「スキロス」の襲撃を受けながらも、皆で力を合わせて自分達の生きる場を守ろうと奮闘する。一方、敵艦の奥にある船の原動力「ヌース」の破壊を目指したチャクロ達の前には、大勢の兵が待ち構えていて、チャクロは多くの仲間を失う。絶体絶命のピンチを助けたのは、超能力が使えないはずの空間でサイミアに覚醒したオウニであった。

砂漠の世界を生きる「泥クジラ」の民の物語の第4巻にして、「スキロス」との戦いは終結する。かねてから、「泥クジラ」の民と外の世界の人々を異にしていたのが、感情の有無だ。「スキロス」の人々が船の原動力である巨大な化け物に感情を預け失っているのに対して、「泥クジラ」の民は、感情を引き渡すことなく、喜びも悲しみもすべて受け入れて生きる道を選んだ民族なのであった。「スキロス」の「ヌース」がチャクロに対して、感情を引き渡し、これまでの辛い記憶の一切を忘れさせようという取引を持ちかけたときに、チャクロがこのまま感情を持ち続けるという道を選択したのが象徴的だ。

これまで、なぜそこまでに「泥クジラ」の民に執着するのか謎の多かった敵の少年、リョダリの最期も印象的だった。感情を持つことが許されない世界に生まれた人間にとって、感情を抑えきれない病に侵された子どもは禁忌の対象でしかなかったのだ。「スキロス」の民の中で唯一、感情を持った「泥クジラ」の民に対して憧れにも似た気持ちを持っていたリョダリが、もっと早く「泥クジラ」の民と出会い、感情を育まれていたらと思うと切なくなる。

さて、物語は新章に突入か。また新たな人々が「泥クジラ」の民を狙って現れる。外界から隔離された人々の生活に終止符が打たれた今、人々は戦いから逃れられなくなってしまったのか。


■過去の記事■
『クジラの子らは砂上に歌う(1)』
『クジラの子らは砂上に歌う(2)』
『クジラの子らは砂上に歌う(3)』
神のみぞ知るセカイ 若木民喜 小学館 全26巻



女神に導かれ、桂馬は10年前に戻る。そこで生きる気力を失くした少女を救うという任務に当たるが、過去に戻った理由はそれだけではなく、桂馬はもっと大きな使命を持っていたのだ。それはすなわち、過去の世界をあるべき形にし、これまでヒロイン達を攻略することで守ってきた世界につながる礎を築くということであった。

いよいよ物語は最終章へ。旧地獄の勢力であるヴィンテージを制圧したかと思った桂馬であったが、それはあくまで、サテュロスという親玉の手下に過ぎなかった。ヒロインの攻略によって平和を守るという未来を実現するために、桂馬は再び旧地獄勢力との戦いに挑む。

最終章は、おまけの物語といえばそうかもしれないが、進むごとになるほどと思うような伏線回収がなされ、作者が考えていた設定のほぼすべてを見ることができたと思うと大満足感だ。最後は桂馬がこれまでのヒロイン攻略を振り返り、自分にとって、そして彼女達にとって最良の世界とは何かを考えて行動する、まさに桂馬が神となって「神のみぞ知るセカイ」の結末を選択する物語だ。

これまで関わってきた人々の思いが結集したラストは、思わず涙腺が緩む展開。ハーレムエンドを目指さず、ある1人の女の子を選択する桂馬、報われない運命を知りながら桂馬の最大の理解者として表に裏に活躍した天理、桂馬との本当の家族という道を選択したエルシィ… 温かい思いが詰まった結末で、ここまで読んできて良かったと素直に思えた。


☆過去の記事☆
『神のみぞ知るセカイ(1)~(6)』
『神のみぞ知るセカイ(7)』
『神のみぞ知るセカイ(8)』
『神のみぞ知るセカイ(9)』
『神のみぞ知るセカイ(10)』
『神のみぞ知るセカイ(11)~(15)』
『神のみぞ知るセカイ(16)~(20)』
≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

Copyright c 漫画日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]